いすゞ自動車は、大型トラック『ギガ・トラクタ』を改良し、6月22日より発売する。今回の改良では、今年9月より施行される平成28年排出ガス規制に対応しつつ、省燃費性能を実現。また車型ラインアップを充実させ、運行中の利便性も向上した。

 

 

新型モデルは、冷却系を中心にエンジン性能を向上させることで、平成28年排出ガス規制への対応と主力馬力帯でそれぞれ平成27年度燃費基準+5%達成。さらに「スム―サーGx」については地図情報を活用したオートクルーズ機能「Smartグライド+g」を新たに採用。道路状況から最適なギヤ段を自動選択し、さらなる省燃費に貢献する。

 

 

また、スムーサーGx専用に、クラス最大のトルク値となる420PS/トルク230kg・mエンジンを新たに展開。低回転域で最大トルクに到達し、460ps同等のトルクカーブを有することで高GCW(車両総重量)ニーズにも対応した性能を実現する。

 

 

さらに積載重量と容積を最大限にした新規格トレーラ(トレーラ前回り2m級)に対応するため、4×2エアサスセミトラクタ(EXD)にホイールベースG(3830mm)の第5輪荷重11.5トン車を新規設定。カプラオフセットの変更が可能なスライドカプラを展開し、1台のトラクタでキングピン荷重や前回り/すそ回り半径が違う複数のトレーラに対応が可能となる。

 

 

そのほか、ETC2.0を全車に標準設定し、運行中の利便性を向上。また、ヘッドランプおよび室内灯のLED化とメーター照明の常時点灯化を実施することで視認性を高めた。

 

 

価格は車型2PG-EXD52CD・フルキャブ・エアサスペンション・6WG1-TCNエンジン・12速AMTが1949万2000円など。

 

 

 

【 いすゞ-プレイズム の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=CjyFT_ddjYo

 

 

【 ISUZU THEME MOVIE の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=YufJQRURmTU

 

 

北関東CNG車普及委員会
 【北関東CNG車普及委員会ホームページ】

 

 

 

 

 

eddie-k’s blog

 

 

 

燃料電池自動車、通称「FCV」と呼ばれますが、見たり乗ったりしたことありますか? 知り合いの会社の社用車にトヨタMIRAIがありますが、走りも乗り心地も非常によくて快適な存在です。問題点といえばその航続距離に対するヒヤヒヤ感。400km程度は間違いなく走るのですが、なんせ水素を充填できる場所がない。水素ステーションがまだまだ足りず、また営業時間も土日はお休みだったりと、ガソリンスタンドと比較すれば不便な存在です。それを打破するべく、自動車メーカーとインフラ事業者がタッグを組んで本格的な解決に乗り出したようです。

 

 

■計画は達成できるのか!? あまりにも強気な水素ステーション計画

世界的な気候変動が問題になるなか、パリ協定が結ばれCO2削減は喫緊の課題となっている。世界の平均気温上昇を産業革命前の2度未満にすることが合意され、世界では脱炭素化の流れが加速している。

そのなかで日本は化石エネルギー依存度が2016年の数字で88.8%と先進国のなかではひときわ高い数字となっている。このままでは世界から取り残されてしまうという危機感が政府にあるのは確かで、昨年末政府が発表した「水素基本戦略」もその表れととらえることができる。

 

 

「水素基本戦略」については改めて説明するが、それを民間側が受けるかたちで、トヨタ自動車やJXTGエネルギーなど11社が結集して日本水素ステーションネットワーク合同会社(略称・ジェイハイム)を設立した。11社はトヨタ、日産、ホンダの自動車会社に加え、JXTGエネルギー、岩谷産業などインフラ事業者、そして豊田通商や日本政策投資銀行が入るオールジャパン体制。「水素基本戦略」実現の推進役として期待されるが、ことはそれほど簡単ではない。

 

 

ジェイハイムの発足会見。社長は元トヨタ自動車の菅原英喜氏だ。水素ステーションは現在建設中のものを含めると101カ所あり、北海道と福島が完成すれば札幌から博多まで日本縦断も可能になる。ただ、政府が昨年12月に策定した「水素基本戦略」によれば、水素を太陽光や風力と並ぶ新エネルギーと位置づけ、水素技術で世界のカーボンフリー化を牽引するとしている。

 

 

具体的には

 1. 2020年にFCVを4万台、2025年に20万台、2030年に80万台、まで普及させる

 2. 2020年に水素ステーションを160カ所、2025年に320カ所、2030年に900カ所、まで整備する

 3. 2020年までに水素ステーションの建設コストを半減する

 4. 水素ステーションの無人化を含めた規制緩和を実現する

 5. 現在100円/Nm3となっている水素の値段を2030年には30円/Nm3とし、将来的には20円/Nm3とする

ことなどが盛り込まれている。

 

 

いずれも高いハードルであることはいうまでもない。今回の会見でジェイハイムは今後4年間に80カ所の水素ステーションを整備することと、なるだけ早い段階での47都道府県すべてのネットワーク構築を目標に挙げた。水素ステーションはかなり価格が高い。コストの削減などが進むのかがカギだ。

 

 

また水素ステーションを効率的に運営するため、新規の水素ステーションはジェイハイムが所有し、インフラ事業者に業務を委託する。そして既存のものを含めてステーション事業者からの情報を集約するようになる。

 

これによって規制緩和や機器の標準化を行い、コストダウンを図っていくとした。水素ステーションは世代を重ねることでコスト削減が図られるというけれど2020年までに半分のコストになるとは、にわかに信じがたい。さらに現在水素ステーションを1基作るのに4億~5億円必要で、その半分に国の補助金が充てられているが、残り半分の10~20%を金融投資家から集めたいとしている。そもそも未来を見越して投資してくれる企業や投資家が現れるのかは未知数だ。

 


■水素ステーションがあってもFCVがないは困る

いくら水素ステーションを整備しても魅力的なFCVが誕生しなければ、「絵に描いた餅」。現在販売されているFCVの乗用車はトヨタのMIRAIとリース販売のホンダ・クラリティだけ。

 

 

2018年1月末のFCVの保有台数はわずかに2400台と、これでは2年後の2020年に4万台という数字はとてもムリではないだろか。

トヨタは2020年にMIRAIの次期モデルにあたるFCVを投入、日産はダイムラーやフォードと燃料電池車を共同開発、ホンダも2020年頃にはGMと共同開発した新型FCVを投入するとしているが、商品力という点でどうなのか疑問が残る。FCスタックなどの技術革新が進み、政府からの補助金によって300万円くらいで手に入るようになれば話は別だが…。

 

 

まだまだFCVが一般的とは言い難い現状だ。今後も新たなFCVの登場が予測されるが浸透するまでには時間がかかるだろう。可能性があるのはバス、トラックで700~800kmの航続距離があれば、高速道路を使っての路線運行が可能だ。現在ガソリンスタンドに水素ステーションを建設できるようにする法改正も検討されており、そうなれば物流を担うことが可能だ。

 

 

またFCバスは東京や名古屋で路線バスとして走行しており、ステーションの整備で長距離の路線も担うことは可能だ。参考までに経済産業省が2016年3月に公表したEV&PHV普及目標によれば2020年の国内保有台数は最大100万台。いっぽう2017年3月末時点で公共の急速充電器は7108基、普通と合わせた充電器の総数は2万8260基にも上る。

 

 

リーフが発売になった2010年に比べると20倍になった計算だが、EVとPHVの2017年3月末の保有台数は16万台あまりに過ぎない。EVやPHVのラインアップがまだまだ少なく、ハイブリッド車のような競争が生まれていないことが大きな原因だと思う。

CO2削減のためにEVやPHVの普及は重要なことだが水素ステーションの整備がそのまま普及につながるかといえばそうではないかも…。

 

 

水素ステーションの整備はけっこうだが、トラックやバスを含め魅力的なFCVがたくさん生まれ、ユーザーが悩むようでなければ、政府がいうような普及は難しいと考えられますね。

 

 

 

【 TOYOTA FINE-Comfort Ride の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=X2B7PDXgfck

 

 

【 More Creative mobility の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=CkHrGwKMWIQ

 

 

北関東CNG車普及委員会
 【北関東CNG車普及委員会ホームページ】

 

 

 

 

 

eddie-k’s blog

 

 

 

そろそろ 『雨の季節』 を迎える時期となりました。 今週後半の関東地方は前線と寒冷渦による雷雨と梅雨寒のような天候が交錯しそうな天気予報が出ています。北関東も  「入梅」 が近いのかもしれませんね。 不順な天候により体調を崩さないよう、どうぞ皆様ご自愛ください。

 

 

それでは、本題のCNGボンベのお話しです。最近、天然ガス自動車用のCNG容器 (燃料タンク・ボンベ) の充填期限到来に関するお問い合わせを度々頂戴するので、ボンベ交換についての情報提供をさせていただきます。

 

天然ガス自動車に搭載されている15年経過の 「ボンベ」(燃料タンク)の取り換え事業のお知らせです。

 

ボンベ01

 

圧縮天然ガス(CNG)車に搭載されているCNGボンベの使用期限は15年です。引き続き車両を使用する場合、ボンベの交換が必要となります。

 

自動車メーカーでは、このCNGボンベの製造や調達ができないケースがあり、ユーザーからの問い合わせに対応できずお断りしているケースが見受けられます。

ヒェ~、何てこっちゃ!(怒)

 

 

今後、使用開始から15年を迎えるCNG車も発生するため、ボンベ交換をどうするかがユーザーの課題になっております。

 

そんなわけで、今回は取換業者様をご紹介したいと思います。


ボンベ03

 

(株)アネブル様(本社・愛知県刈谷市)では、容器メーカーとタイアップして各種サイズのボンベ調達と交換が可能です。

 

埼玉県行田市にも工場をお持ちで、価格面でも自動車メーカー製よりも格段にお安く提供が可能となっています。

 

特殊車両や走行距離の少ないCNG車を使用しているお客さまは、廃車にすることなくCNGボンベ交換で車両の継続使用をご検討ください。


ボンベ02

 

小型車から大型車まで、あらゆる車両のボンベ容器の交換に対応できるそうです。

 

ボンベ容器を交換することでお客さまが、少しでも長くCNG車を使っていただけるようにお手伝いしますと広報しています。

 

どうぞ、ご利用継続を検討いただき、お気軽にお問い合わせください。

 

問い合わせ先(アネブル行田事業所)
    TEL:048-557-2386 / FAX:048-557-2387

         URL  http://www.enable-os.co.jp/

 

ご案内のリーフレット:ダウンロード(PDF) 

 

 

 

 

【 ヨーロッパ セルフ CNG 充填 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=d--Q-FjK9DM

 

 

北関東CNG車普及委員会
 【北関東CNG車普及委員会ホームページ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ウーバー自動運転事故の詳細

 

米国国家運輸安全委員会(NTSB)は、3月18日に起きた、ウーバーの自動運転車と歩行者との死亡衝突事故に至る概要について発表した。 NTSBの事前報告書では、歩行者は「暗い服装をして、衝突寸前までクルマの方を見ずに、直接街灯で照らされていない道路を横断した」のだという。 また、「歩行者が押していた自転車は前照灯だけでなく、前後側面の反射板も装着されていない状態で、自動運転車の走る道路を直角に横断していた」という記述である。 歩行者からはメタンフェタミンと大麻の陽性反応が出ており、横断したエリアには、事故現場から約110m離れた横断歩道を使うよう警告する標識があった。 事故を起こした試験車のボルボXC90にはウーバーの自動運転システムが搭載されていた。XC90にはオート・エマージェンシー・ブレーキが標準で搭載されているが、コンピューター・コントロール・モードの際はテスト中の不安定な挙動を避けるため、オート・ブレーキ機能は無効化されていた。 システムは、衝突の6秒前に歩行者を認識しており、エマジェンシー・ブレーキは衝突の1.3秒前に作動していた。事故時にはエラーや診断メッセージは全く出ていなかった。 「運転への介入は同乗する管理者に任されていますが、システムは管理者に警告するよう設計されていません」とNTSBは述べた。 管理者がハンドルやブレーキを操作したのは事故前1秒以内になってからだった。管理者から委員会への報告によると、彼女はそれまで自動運転の情報モニターを見ていたのだという。

 


■自動運転事故、その後について

 

ウーバーの広報担当者にはコメントを求める声が殺到している。

ウーバーは事故の2カ月後、アリゾナ州での自動運転車のテストプログラムを停止した。アリゾナ州のダグ・デュシー知事が州内でのウーバーのテスト権を凍結したのを受けて、同社は公式にプログラムを中止した。再開のめどは立っていない。 今のところ、ウーバーはペニンシュラ州とカリフォルニア州で行っている、より小規模なプログラムに集中している。 自動運転車による初の死亡事故として、ウーバーは非難を浴びている。ウーバーCEOのダラ・コスロシャヒに宛てた手紙の中で、デュシー知事は、自動運転車が49歳の女性に突進していく事故の映像は、「不安感や警戒心を引き起こす」、「アリゾナでテストを続ける可能性について、多くの疑問を提起するビデオ」だと述べた。 「知事として、市民の安全が最優先です」とデュシー知事は言う。「わが州の市民にとって最大の関心は、わたしが州政府の運輸部門を通して、ウーバーがアリゾナの公道で自動運転車をテストし、走行する可能性をなくしたということです」 ウーバーは事故後、警察と「綿密に協力して」取り組んでおり、遺族には哀悼の意を表していると述べた。事故が起こったテンピ市警は、委員会やアメリカ合衆国運輸省と共に、事故の調査を続けている。

 


■ウーバーのハードとソフトの要因は…?

 

Uberは独自に事故原因を調査してきましたが、事故から1カ月半ほど経った頃、ある程度の結論が出たようです。わかったのは、ハードウェアは正しく機能していたこと、そしてソフトウェアの感度の設定に問題があったということです。 The Informationは、「この件について説明を受けた」ふたりの情報源の話として、Uberの内部調査結果を伝えています。調査によると、事故を起こした車のカメラやLIDAR(ライダー、物体までの距離を測るレーダーの類似技術)はすべて正しく機能していて、問題はソフトウェアにあったというものだ。 具体的には、センサーで検知した物体のうち、無視してOKなものとそうでないものをソフトウェアで判定する仕組みがあるということだが、この判定の基準が「無視してOK」寄りに、つまり、感度が低い設定になっていたというものです。

 

 

■ウーバーCEO/テンピ州知事の声明

 

コスロシャヒCEOはツイッター・アカウントを通して、「われわれは警察と協力して、事故の解明に努めていますが、片時も遺族のことを考えないことはありません」と述べた。 ウーバーがテンピで自動運転車のテストを始めたのは2017年2月。カリフォルニアで州政府との関係が悪化していたため、アリゾナ州にテストの拠点を移した。テスト開始後数カ月で、ウーバーの試験車両はジャンクションでの停止を失敗し、事故を起こした。この時はけが人はいなかった。 テンピ市長のマーク・ミッチェルは言う。「テンピ市はイノベーティブな自動運転車のテストに協力的です。この技術は多くの分野で活用され、障がい者や年配の方の移動手段にもなり得ますから」 「テストは安全に行われなければなりません。今までのところ、テストを行っている会社は法律を遵守しています」 よく言及される、2016年に発生したGoogleの自動運転車が関連した事故を含め、今まで自動運転車が絡む事故はあったが、2018年に起こったウーバーの事故は人命に関わる初めてのケースだと思われる。

 

 

 

【 ウーバー自動運転中の死亡事故 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=kdEP2AhlBh4

 

 

【 夢の自動運転死亡事故…なぜ? の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=JiicexDGpXc

 

 

北関東CNG車普及委員会
 【北関東CNG車普及委員会ホームページ】

 

 

 

 

 

 

 

日本最大級のトラック関連総合展示会「ジャパントラックショー2018」が5月10日から12日まで、パシフィコ横浜で開催される。入場は無料。

 

ジャパントラックショーは2016年に初開催。隔年開催となっており、2回めとなる今回はトラック・輸送関連の129社が出展、日本初の先端技術や日本市場初披露となる製品が集結する。

 

 

トラックメーカーゾーンでは、いすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックスの国内4大トラックメーカーが、安全性と効率性、環境面などを向上させた新型車両を展示するほか、車両データを活用したサービスなど、より安心で安全な物流を支える取り組みを紹介する。また、伊IVECO社は液化天然ガス(LNG)トラクターヘッド「ストラリスNP」を日本市場で初披露。スズキ・ダイハツは、農業、漁業、建設業、配送業など幅広いユーザーを支える軽商用車を展示する。

 

 

架装メーカーゾーンでは、初出展のトランテックスが昨年モデルチェンジを行った新型ウィング車、ダブルデッキシステム大型ドライバンを出品する。矢野特殊自動車は、さらなる性能アップを実現させた大型冷凍ウィングや、18パレット搭載が可能な高効率構造の大型冷凍車などを展示予定。そのほか、ダイワ運輸が日本トレクスと共同開発した日本初となる「マルチフロアセミトレーラ」など、最新鋭の技術を搭載した多彩な架装を展示する。

 

 

イタリアのイベコ社が昨年発表した液化天然ガス(LNG)で動くトラックを初出展しお披露目する。日本市場へ進出することを発表するものです。欧州では主流となる天然ガスを燃料とするエンジンを搭載する実車展示をショーブースで行う。加えて、中国の商用車大手でFOTON(フォトン)のブランドで知られる北汽福田汽車も、日本市場開拓を視野に入れ、初出展する。

 

 

レッカーメーカーでは、城南ボディサービスが、日本初上陸の欧州メーカー製レッカー装置やトラック輸送専用低床トレーラーなどを展示するほか、世界最大のレッカー装置メーカーである米ミラーインダストリーズ社と提携するヤマグチレッカーや、あかつき、ロードサービスなど、各社の多彩なレッカーが登場する。

 

 

さらに今年のジャパントラックショーでは、トラックや輸送の仕事に対する興味喚起を目的に、最終日の土曜日は一般・子ども向け企画を充実。最新トラックの運転席に座ってみたり、会場内の特装車を間近で触ってみたり、スタンプラリーをしながら楽しく会場を回ることができる。

 

 

また、主催者特別企画の特設ブースも土曜日は子ども向けイベント会場に様変わり。「未来のノリモノ」を自分で作って塗って、スクリーンに映し出して動かす「うごく! シャッフルぬりえ」などのイベントを行うほか、スタンプを集めた子どもには、ミニカーやトラックに関する景品が当たるくじ引きコーナーも設置する予定だそうです。

 

 

【 JAPAN TRUCK SHOW (搬入) の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=y5Hz18WF-6w

 

 

北関東CNG車普及委員会
 【北関東CNG車普及委員会ホームページ】