2011年02月05日

心配りで宣伝効果を高くする!

テーマ:新規生徒獲得!

オーナー様の教室の宣伝において最も重要なこと


それは


オーナー様(もしくは当該教室責任者)がイメージ広告塔になることです。


決してガンガン営業活動をするということや、名物先生になってくださいということではありません。

(もちろん良い意味での名物になることも大切です。が、)


昨今、学習塾に限らず多くのサービス業の生き残りの条件として、「地域密着」という要素が強くなってきております。


ですから、少し角度は異なるかもしれませんが、近隣の店舗やお住まいの皆様との信頼関係の構築をすすめる活動をとることになります。



学習塾の多くは小学生~中学生(高校生)が通っています。


自然と仲の良い友達が大勢でき


入室や退室の際にワイワイ・ガヤガヤと騒がしくなってしまいます。



もし、教室がマンションの1階テナントなら、お住まいの皆様のことが気になります。



地域との信頼関係を築く上でそんな時の対処がポイントです。


大切なのは「先に手を打っている」ことです。


「昨日は騒がしくてすいませんでした。」


というあいさつではなく


「シーズン的にも騒がしくなるかもしれませんが宜しくお願いします。」

「もし、ご迷惑があればすぐにお知らせください。」


と、先に地域へのメッセージを発信しておくのです。



あたりまえですが、大人はかつて子どもでした。


ですから、子どもが集まると騒ぐことに対しては、どこかで仕方が無いことだと頭では理解しています。


しかし、(感情的に)後からあやまりにこられては気分を害する方がいるのです。


ですから、先にあいさつしておくことなのです。



特に、新規オープンでは


「1、塾を始めます。もし小・中学生のお子様がいらっしゃれば宜しくお願いします。」


といったあいさつに次いで、チラシを渡して指導の方針や値段といった、教室のセールスをしてしまいがちです。


対象となる生徒がいない家庭には関係の無い話で終わってしまいます。


わざわざ、オーナー様や教室責任者が足を運ぶわけですから、少し視点を変えてください。



そこで、次の2のあいさつではどうでしょうか。


「2、塾を始めます。近隣の皆様にご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、宜しくお願いします。」



1のあいさつの中心は塾側にありますが、2のあいさつでは聞き手にあります。



当然、あいさつとあわせてチラシを配るわけですが、印象が変わりますのでその効果も違ってきます。


良い印象なら「ウチの近所に塾できてん。良さそうな先生やったよ!」と口コミの宣伝につながる可能性が違ってきます。



新規オープンに限らず、既存の教室でも効果は期待できます。


講習前などに先手のあいさつ(ご不在の場合はチラシ)として。


「(春・夏・冬)休みに講習を開校いたしますので、生徒がお騒がせするかもしれませんが、宜しくお願いいたします。」


と、近隣の皆様へ心配りのあいさつをしてはいかがでしょうか。



もちろん、日々のコミュニケーションもお忘れなく!




 学習塾支援企業グッド・ジョブでは学習塾の開業資金の調達 から学習塾の新規入塾生の集客 、学習塾のオリジナルロゴの作成 、学習塾の教室内管理のシステム、学習塾の経費削減ツール など、学習塾の運営に役立つサービスの数々を提供いたしております。

   

■ お問い合わせ kitajima@good-job-since2003.com
■ Skype Id     ken_kitajima    

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

北嶋 賢さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング 教育ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。