黒田日銀総裁続投!

テーマ:

皆さんこんばんは、管理人ましゅ太郎です。

 

今日で三連休も終わりますが、管理人ましゅ太郎が今年一番重要視している情報が流れました。

 

「黒田日銀総裁が続投の見込み」

 

2018年4月に任期満了となっており、次期日銀総裁が誰なのか注目されていました。

経済アナリストの予想だと、大半が黒田日銀総裁の再任となっていましたが、

予想通りの結果となる見込みとのことです。

 

まあ、間違いはないんでしょうけど、この相場が大荒れしているところでのニュースというのも、

相場を落ち着かせたい政府の意図を感じますね。

 

 

明日からの日経平均株価は上昇してスタートしそうですが、

今年の相場を賑わしそうなネタは、まだまだありますね。

 

・アメリカの利上げスピード

→当初の予定より早いか遅いかは大きな問題ではなく、FRBがどの程度利上げの回数を

見込んでいるのか市場参加者が読めないと、当面の相場は荒れ荒れ展開が続きそうです。

 

 

・憲法改正

→安倍政権の目玉は経済政策でもなく、財政再建でもなく憲法改正が一番のようです。

確かに、憲法改正が出来たら日本の歴史に名を刻むため、頑張りたいのでしょうが。

 
国民自身に直接利害関係が薄い内容であれば、現状維持派が増加します。
思った以上に憲法改正の賛成派が増えず負ける事態が予想できます。
 
最も良い例は、大阪都構想ですね。
維新の会が選挙で圧勝しましたが、都構想の国民選挙では反対になりましたしね。
 
管理人ましゅ太郎の予想は、国民選挙で反対の方が上回り、安倍政権への求心力が
低下すると見ています。
 
 
・来年以降の大イベント
憲法改正後は、消費増税と東京オリンピックが待っています。
ここまでは安倍首相としては何としても自分が日本のトップでいたいと考えているはず。
 
それまでモチベーションが維持できればいいですが、2017年の東京都知事選の「こんな人達」発言のように
キレてしまうリスクも存在しています。
 
 
さあ、明日からもどんな相場になるのか・・・
AD