同級生の死を思い出す | 「きたえちご米店」の店長 高崎美由貴のブログ

「きたえちご米店」の店長 高崎美由貴のブログ

金助農業㈱での農作業報告や農政のこと。それと、子育てを通して思う教育のこと。興味のおもむくままに行動する私の日常と感じたことを綴ります。

ぎょっとするんだけど、

大学を卒業して20年以上たってるってことに。

 

当たり前だと言えば当たり前。

小学校や中学校ははるか昔の話なのはわかるんだけど、

大学卒業はついこの前みたいな感覚だったから、

うわ、今年で24年も経つんだと思うとぎょっとする。

 

だから、当時の同級生が亡くなってからは、

27年目になるんだ。

高校2年と3年で同じクラスで、

そこから大学も同じって子は彼だけだったな。

高校は2年間も同じクラスだったのに、ろくに会話もしなかったし、

特に仲が良かったわけではないけれど、

当時から印象深い子だった。

 

彼は双子で二人とも同じ高校へ来ていたので、

双子の片割れとは、私は1年生で同じクラスだった。

そしてもう一人の彼は2年と3年で同じクラスになった。

1年で同じクラスだった二郎(仮名)君は健康状態は良好だったが、

2年と3年で同じクラスだった三郎(仮名)君は心臓に疾患を持っていた。

そのため、体育実技はほとんど参加できていなかった。

 

授業で長距離走をやっているときは、

羨ましく思ってしまったことがある。

彼もそう思われたくなかっただろうと思う。

 

シャムの双子の話?

いや、萩尾望都さんの半神という話に出てくる双子。

あれは結合双生児の話なんだけれど、

双子で心臓を共有しており、どちらか一方を選ばなきゃいけないという。

選ばれなかった子も、選ばれた子も決して幸せにはなれない悲劇、だったかな。

 

三郎君の心臓も完全ではなかったのかもしれない。

学校では常にしんどそうだった。

よく寝ていた。

授業中の居眠りは高校生には珍しいことではないので、

よく寝るなぁとしか思っていなかったけれど、

たぶん、体調的につらかったのかもしれない。

 

同情されることを嫌って、

憎まれ口ばかりたたいてた。

人づてに入院してるらしいと聞いた。

それほど親しいわけではなかったので、お見舞いに行くこともなかった。

 

その話を聞いて、しばらくして亡くなったことを知った。

大学の掲示板に張り出されていた。

あの時のショックはよく覚えている。

 

親戚家族以外では初めての身近な死だった。

当時は19歳。

今でも彼を思い出すときは19歳の彼だ。

もう同級生というより、

親の立場の方が近くなった。

 

子どもを亡くす親の気持ちは、

想像すらしたくない。

 

親御さんの「彼を忘れないで欲しい」という言葉を毎年かみしめる。

 

彼のこと、彼の死を思い出しながら、

生についても考える。

 

親御さんは、ただ、生きていて欲しかったんだと思う。

また、体の辛さから解放してあげたかったのもあると思う。

 

彼も健康な体で生きていたかったんだと思う。

 

彼の魂はどうしてるんだろう。

もう、他の誰かになって生まれ変わっているのかな。

 

だとしても、あの時の彼はそのまま記憶の中にいる。

2月はそういう日。