風が吹けば | 「きたえちご米店」の店長 高崎美由貴のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

「きたえちご米店」の店長 高崎美由貴のブログ

金助農業㈱での農作業報告や農政のこと。それと、子育てを通して思う教育のこと。興味のおもむくままに行動する私の日常と感じたことを綴ります。

トイレットペーパーや箱ティッシュが品薄だなんて、

意味が分からない。

国内の流通は正常で、

ただ単にマスクがないだけ。

初めは誰かのデマなのか、勘違いなのか、

でも、確かに店になくなると不安になるもの。

うちは先日、生協でトイレットペーパーを買ったとこだったので、

心配はしていないが、

品薄が3ヶ月も続けば不安になるな。

 

だから、いつもだったら、

「トイレットペーパー無くなりそうだけど、

来週でいっか」と済ますところが、

「今、買っとかなきゃ!」となってしまう心理状態なんだろう。

 

いつでも、社会が不安になると、トイレットペーパーが不足する。

 

不安→腹痛→下痢→トイレ→トイレットペーパー

 

ということなのかな。

 

ティッシュはタオルで代用できても、トイレットペーパーの代用はなかなかないからね。

 

となると、デマではなく、

 

不安から何だか買って安心したくなったのかも。

 

生きていくうえでの最低限の部分を確保したいとか、

安心したいとか。

 

家からでなくても生きていけるようにと思うと、

買いだめもしたくなるし。

 

店にないならネットで買おうとかね。

 

米も最低限あってほしいもの。

 

そして日持ちのする玄米は、不安を掻き立てられた人を安心させるものなのかもしれない。

 

先週末から今日にかけて、

この時期には珍しく玄米30kgがよく売れた。

 

常連さんたちだったので、

不安に思った時、

店に米が無い時、

あ、そうだ!と思いだしていただき、

注文してくれたのだと思うとうれしい。

安心してください。

うちは十分な量を確保しています。

 

米屋が儲かる?の話。