朝ごはんについて | 「きたえちご米店」の店長 高崎美由貴のブログ

「きたえちご米店」の店長 高崎美由貴のブログ

金助農業㈱での農作業報告や農政のこと。それと、子育てを通して思う教育のこと。興味のおもむくままに行動する私の日常と感じたことを綴ります。


テーマ:

朝ごはんなんて、ご飯があればよい。

もしくは、パンがあればよい。

それぞれが納豆だったり、卵だったり、昨日の残りだったりを

自由に食べて腹を満たすもの。

それでよい。

と思ってました。

給食と、晩御飯でつじつまを合わせて、

なんとか栄養的にも足りてるだろうと。

とても、いい加減な母をやっておりました。

それこそ、10年以上そういう状態。

いやいや、厳密にいうと14年。。。

それが、先月、心を入れ替えるきっかけとなることがあった。

それは、次男の柔道の強化選手合宿というもの。

昨年の試合で5,6年生、各三階級のベスト4の選手だけが招待されるという新潟県の柔道合宿。

昨年5年生の時に、次男が県内ベスト4に入ったので、

今年6年生で初めて、その合宿に参加した。

どれだけ厳しい練習が待っているのかと、心配していたが、

強化合宿と言えど、稽古が厳しいだけではなく、

柔道精神とか、礼儀、作法、歴史などなどありがたい話に始まり、

実践も初めは礼法からで、

なんというのかな、強くっても礼法がダメだったら、ダメでしょ。

強い選手は、試合に強いだけでなく精神も崇高でなきゃダメでしょ。

ということを教えてくれる合宿だった。

その初日の初めの講義が「栄養教室」

食事についての講義だった。

これに関しては、保護者も対象だったので、私も講義を受けた。

そこでの話が朝ごはんのことだった。

もちろん、朝食だけの話ではない。

全ての食事において、摂らねばならないものがあるので、

3食全てに、意識して取りましょうと。

強い選手の強い体は食事からしか作られないと。

 

その他にも、試合の前日、試合の直前には何が良いとか。

試合の後には何が良いとか。

普段あまり意識していなかったことを、

改めて教えてもらい、とてもためになった。

 

毎食取りましょうというのが、

主食(ご飯、パン)、主菜(肉、魚)、野菜、果物、乳製品というもの

当たり前と言えば当たり前、でも、うちの朝食にはなかった。

この合宿を機に翌日から、

少なくともベーコンエッグ、トマト、を付けるようにした。

余裕があるときは、みそ汁、果物も。

出費は増えるが、お菓子を買うよりも良い。

 

1週間たった時、子どもたちに聞いてみた。

それは大好評だった。

「午前中頑張れる」とか「今までは2時間目からおなかが空いていたが、4時間目まで大丈夫になった」とか、

今までって、どうなの?

というくらいの変化。

いやぁ、本当に子どもたちに申し訳ないことをしていた。

子どもたちは午前中に4時間も勉強をしているのに、

朝ごはんが足りていなかったということだ。

猛省。

とりあえず、その合宿から2週間以上、続いています。

これは、続けねば。