初釜 | 「きたえちご米店」の店長 高崎美由貴のブログ

「きたえちご米店」の店長 高崎美由貴のブログ

金助農業㈱での農作業報告や農政のこと。それと、子育てを通して思う教育のこと。興味のおもむくままに行動する私の日常と感じたことを綴ります。


テーマ:

何回目のお稽古だろうか。

まだ、10回に満たないくらいだと思う。

その間、町の町民茶会があったり、

風炉から炉に変わったり、

個人レッスン的なことをしてもらったりもあるけれど、

同じことが少ないので、

なかなか覚えられず、

頑張って覚えようって気持ちもあんまりないのかな。

お客としての、礼儀くらいは身につけなきゃというくらい身についていない。

 

今日は初釜でした。

新年最初のお茶のお稽古のことを言うのかな。

お茶の世界での新年会という感じ。

正式にはお食事まであるらしいが、

今年、全員が集まらないということで、

お食事は無しの初釜だった。

 

私のお茶の目的は着物を着ることなので、

もちろん着物を着ましたよ。

先生は煌びやかな金の小紋に茶系の豪華な袋帯。

私は実家から持って帰ってきたクリーム色の付下げに、

紺色の塩瀬っぽい名古屋帯。

柄が竹が描かれており、お正月っぽいかなと。

久々に着ると、やはりてこずる。

まぁまぁきれいに着られたかな。

襟の繰り方が少ないのと、

胸のあたりが膨らむのが気になるが、

これはもう練習しかない。

 

こうやって見ると、

太ったなぁ。

着物はおなか周りにタオルで補正をするので、

さらに太さが倍増。

自分の写真を見るたびにストレスになるので、

ストレスに感じないくらいの減量しなきゃ。

 

この着物をクリーニングするべきかどうかが悩む。

長期保管をいただいてきたので、

クリーニングをしてから、また保管するべきだけど、

また、着る機会がないかなぁ。

今年は雪のない状態なので、

この時期でも出かけられる良いチャンスなんだけどな。

 

 

 

 

きたえちご米店の店長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス