「きたえちご米店」の店長 高崎美由貴のブログ

金助農業㈱での農作業報告や農政のこと。それと、子育てを通して思う教育のこと。興味のおもむくままに行動する私の日常と感じたことを綴ります。


テーマ:
仕事を休んで、単独遠出の計画は崩れました。
十数年会っていない叔母さんに会いに行くという計画でした。
叔母さんの体調も良くないため、
風邪ひいた状態では行けないということもあり、断念しました。
次回、いつのなるかはわからないけど、
近いうちに行きたいと思います。
叔母さん、待っててね。

その風邪も私ばかりが重症になってしまった。
おそらくマイコプラズマに感染したと思われる。
検査をして陰性だったんだが、
100%の精度ではないから、わからないよ。とのこと。

思い起こせば、一週間か10日前くらいから、
咳をしはじめた。
誰が最初だったかわからないが、
熱もないので、病院へ行くほどでもないかと、
だましだまし過ごしてた。
ちょくちょく発熱しても、
すぐ下がるので、まだ様子を見てた。
次第に私の咳もひどくなり、
発熱し出したので、
慌てて病院へ行った。
熱もそれほど高くなかったので、
症状を和らげる薬だけ処方された。
その翌日、長男と次男が発熱したので、
すぐに小児科へ。
マイコプラズマ、インフルエンザの検査をするが陰性。レントゲンも撮り、肺炎でもなかった。
マイコプラズマ、出なかったけど、疑いだねと。
抗生物質を出してもらい、二人は劇的に良くなった。
病院へ行くタイミングとしては絶妙だと思う。
下の子二人も咳が続いているので、
病院へ行くべきなんだけど、
私にその元気がなく、
私だけがとりあえずまた、受診。
前日に子どもたちがマイコプラズマの疑いだということを伝え、何とか抗生物質を出してもらえた。
ついでに血液検査もしてもらった。
すぐに薬をのみ、夕方までに少し頑張れそうになったので、
下の子二人も小児科へ連れていくことにした。
受付してしばらくすると、
午前中、私がかかった病院から電話がかかってきて、
血液検査の結果を知らせたいので、今から来てくれという。
午前中の受診では肺炎とは言われなかったけど、肺炎でしたよ、ってことかな。
なんて思いながら、小児科の順番を待っていた。
小児科はそれほど混んではいなかったが、
やはり、待った。
終ってから向かうにはギリギリな感じだった。

小児科で受診したときには、下の子二人は熱もなく比較的元気だったので、
先生が「一番酷いのは誰?」と聞いたので、私かな?と。
そしたらと、私の肺の音を聞いてくれた。
「お母さん、肺炎なってるよー!」
今朝、レントゲン撮っても肺炎じゃなかったのにー?!
左の肺の部分は心臓と重なるので、
見えにくいらしい。
やっぱりか〰️。
とにかく咳がひどかったので、
肺炎だろうなとは思ってた。
腹筋が痛いのと、響いて腰も痛いし、
尿漏れもする。

小児科を終わらせたらすぐに、
私のかかった病院へ急いだ。
できればこのタイミングで旦那に迎えに来てもらって、子どもたちを頼みたかったけど、
生憎、通夜に出ていた。
そして、携帯は充電切れ〰️。
小児科の処方箋をもったまま病院へ。
受付すると、すぐに呼ばれ、
血液検査の結果を説明された。
肺炎でしたねと言われるのかと思いきや、
「肝機能に問題が…」とのこと。
なんだそれか、と思ってしまった。
肝機能を表す数値が異常なことになっていた。
全てが三桁数値はちょっとありえないよね?と。

そういえばと、以前の話をした。
実は初めてではなく、以前にも同じようなことがあったこと。
ウィルス感染だろうということで、
様子を見ているうちに下がったので、
まぁ、よかったねという感じだったこと。
結局、原因はわからなかったこと。

私はそんなことより、この肺炎を何とかして!
肺炎といえば点滴でしょ!
早く点滴してよ!と思ってた。
でも、事態を重く見た先生は県立の先生と相談すると言い出し、
紹介状出すから、今から県立へ行けという。
小児科から病院へ行ったのが午後6時ギリギリくらいで、病院出たのが18:20くらい。
子どもたちの処方箋を近くの薬局でもらおうとしたら、
薬が無いと言われ、また、小児科の近くの薬局へ急ぎ、
やっと家にたどり着いたときには、7時前だったかな。
「今日はカップラーメンだ!」なんて、家に入ると、すでに上の二人はカップラーメンを食べようとしていた。
またすぐにおかあは出なきゃ行けないので、
頼むねとカップラーメン用のお湯を沸かし、
そこから県立病院へ向かった。
旦那にもお通夜が終わったらできるだけ早く戻って欲しいとLINEして。

県立病院に着いたのが19:40くらい。
診察してもらったけど、
メインは肝機能のことで、
とりあえず、また採血させて、と。
結果が出るのは一時間後なので、と。
さらりと言うなよー!
また、一時間も待つのー?!
次に呼ばれたのは21:20くらい。
結果は横ばいだねー。
扁桃腺辺りを触診、お腹も触診。
とくに痛いところもなく、
今すぐどうこうの話じゃないなと判断された。
私もそう思った。
また、月曜日に来てください、
もう帰っていいよ的な。
不服そうな私に、入院する?と、
いや、入院するほどでもないですよね。
自分で来たし、自分で帰れるし。
じゃあどうしたい?みたいなことを聞かれたので、
「点滴してください!」と頼み込んだ。
じゃあ、元気が出る点滴をしてあげよう、と。
頼んだのはいいんだけど、
私は注射が大の苦手。
採血もドキドキしながらうけてる状態。
でも、点滴の後のあの魔法のような感じ、
劇的な変化が大好きで、何かあれば点滴が一番手っ取り早いと思っている。
なので、点滴は怖いけど頑張れる!
やはり、怖くてドキドキするけれど、
ここまで来たら点滴しなきゃ帰れないくらいに思ってた。
針を刺して、点滴をしだしてから、
「じゃあ、これから2,3時間かかります」と。
え、それ刺す前に言ってよー!
その時点で22:00頃だったので、少し後悔。
私はベッドに横になってる受けれると思っていたが、
それほどでもないと判断されたのか、
椅子だった。
それなりに長時間に耐えられる良い椅子だってけど、椅子かよー!
でも、椅子だったので、救急外来のリアルを見ることができた。
その話はまた、今度。
月曜日の診察以降、どうなることやら。

あ、点滴はやはり効果絶大。
しんどさが半分くらい無くなった感じがしたし、
グーとお腹がなって、空腹を感じられた。
無事に家に帰り着いたのは、夜中の12時を回っていた。











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

きたえちご米店の店長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。