不動産投資ブーム? | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


先日の日経で、

「今年は不動産売買が盛況で、
在庫が通年の半分しかない。」

なんて言う記事を見た。


確かに僕の周りでも、
不動産投資をしてる人、
してみたいと思ってる人が、
最近は増えてるような気もする。


不動産投資は、
投資の中でも唯一と言って良いほど、

金銭のハードルが低い。


なぜなら、
頭金が無くてもサラリーマンであれば、
銀行がお金を貸してくれるから。


それもあってか、
最近では頭金なしで不動産を買うのが、
最近のブームらしい。


一見、
手元資金の持ち出しがないから、
有利に見えるけど、

いざ売る時に、
価格の目減り分を払わんと売られへん。
(ローン債務残高よりも、売却価格の方が安い)
=通称 オーバーローン


ようは、
頭金なしで不動産を買うというのは、
資産の流動性をなくすことになる。




東京では、
年収600万以下の人が不動産を買うのは、
自殺行為やと言われてるけど、

営業マンの巧みな話術により、
年収400万以下の人も不動産を買わされてる。


買ってから後悔せんように、
まずは、以前に書いた、
不動産関連の記事も読んどいて次回の


【持ち家VS賃貸のウソ】

【不動産投資の実態】


現在の日本は、金余り状態。

昨年から今年に掛けて、
国民の預貯金は増えて、
企業の内部留保は増次回の。

そんな金余りの状態にも関わらず、
銀行はお金を貸す先がない。

無担保で貸し付けると、
直ぐに焦げ付く。


であれば、
担保を取ればいい。

と、担保が取れる貸し付けということで、
金融機関は不動産投資への貸し付けに積極的。

そんな国ぐるみの誘導に、
ホイホイと乗らんためにも、
自分で防御できる知恵を手に入れて。


次回のフォローアップセミナーは、

「新築不動産は売らない。」

というポリシーの、
不動産会社の社長が話してくれます。

長年培った、不動産投資の実態。

特に都心の不動産価格は異常。

そんな中、
絶対に買っては行けない不動産、
不動産を見抜く7つのポイントなど、
具体的な知恵も話して貰う予定です。

あなたが、
不動産の巧みな営業マンに出会う前に、
営業マンの意図を見抜けるように。


まとめ
「ブームの時こそ、冷静に見極める。」

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス