意識してお金を貯めようとしない | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


あなたは、
毎月、貯金をしてる?

それとも、
生活費が余って、貯金になってる?




今日は、
お金の貯め方について。


もし、
収入が低いから貯金がでけへん。
と思ってる人は下記の記事を読んでみて。

【浪費グセが治る、○○の法則】



ここでいう
「貯金」とは、

必要な時期に、
必要な金額を、
必要な用途へ使うため、
定期的に貯めておくお金のこと。


毎月の給料から生活費差し引いて、
使い切らずに口座に残っているお金を、

「余り」と言う。



特に、
銀行口座を1つしか持ってない。

って人は、
後者の可能性が高い。



毎月、給料が入ってきて、
諸々の引き落としされて、
生活費を引き出して、

毎月幾らかは余ってるはずやけど、
幾らずつ貯まってるかは不明。


一見、
口座が1つで管理しやすいと思いきや、
いざ大金を使うとなった時に、
いくら使ってええか分からんくて、
使い過ぎてしまう。(特に結婚関連)


こんな人の貯蓄の公式は、

【収入-支出=貯蓄】


これは、
支出を抑えた分、貯蓄が増える構造。

裏を返せば、
支出が膨らめば、貯蓄ができなくなる。



逆に、
お金が貯まる人の公式は、

【収入-貯蓄=支出】


毎月、給料が入ったらすぐに、
貯蓄分を別口座(複数可)に移し、
残ったお金で生活をやりくりする。


結果、
別口座に移したお金が貯まり続ける。


もちろん、
直ぐに出せるようでは意味が無いから、
cashカードと通帳は家に置いておく。



ちなみに、
お金が貯まるように、
日々の支出を抑えるよう意識しても、
貯金は増えへん。


それができるぐらいなら、
とっくに貯金が得意なはず。


もし、
労力を使わずにお金を貯めたいなら、
構造化(システム化)したらええ。


例えば、
銀行の自動積立の口座で、
定期的に引き落としで貯蓄する。


構造化することで、
あなたの時間、エネルギーを使わずに、
目的が達成(目標期日、貯蓄額)される。



人の行動は、
意識するだけでは変われへん。


日々の様々な誘惑に勝てるような、
精神力を鍛えるのにも時間がかかる。


であれば、
オススメは構造化。


他にも何か達成したいことがあるなら、
無意識に行わざるを得ない
「構造」を作るとええねん。



まとめ
「構造化できれば、
無意識に目的が達成される」


構造化(例

ダイエットしたいなら、
駅から20分離れた場所に住む。

すると、
毎日往復40分の歩くことになる。

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス