良い借金と悪い借金 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


今日は「借金」の意味付けについて。


巷では、ロバ・キヨを筆頭に、
不動産を扱ってる人達は、

「生活費の借金は悪い借金で、
不動産ローンは良い借金である。」


なんてことを、
言うてたりする。

理由は簡単、
「生活費の借金は利益を生まないが、
不動産は利益を生むから。」


・・・・・・。



さて、あなたは、

この「良い借金、悪い借金」論について、
賛成?反対?







結論から言うと、

【借金に、良いも悪いもない。】

借金は借金。
それ以上でも、それ以下でもない。


どういうことかというと、

そもそも、
「良い⇔悪い」

なんて対比は誰かの主観であって、
何を持って、良い(悪い)の定義が曖昧。



例えば、
お金のコラムで某FPが書いてた、
不動産ローンのメリット

下記、抜粋。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・金利が低金利
・銀行は確実に返せる額しか貸してくれない
・返済計画の変更が可能である
・最悪は不動産を失うことで全てが解決する。

こんな好条件でお金を借りられるのは、
人生で奨学金と住宅ローンのみ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なるほど。

完全に、売り手目線のメリットやね。



でも、
このメリットの裏の意図は、

《金利が低金利》
→金利が下がるということは、金余りの証拠。
企業に貸すと焦げ付くから、
個人(担保あり)に貸したい。


《銀行は確実に返せる額しか貸してくれない》
→銀行は確実に、
【回収】できる額しか貸してくれない。


《返済計画の変更が可能である》
→不良債権になるぐらいなら、
多少のスケジュール変更は受ける。

但し、
度重なる変更により返済不可と判断した場合、
抵当権の実行により競売にて現金化する。


《最悪は不動産を失うことで全てが解決する》
→ローン残高と同じ価格で売れれば、御の字。
頭金を入れずに購入した場合、
数百万のお金を払わないと売れない。



どう転んでも、
銀行が損をするようなことは、
起こらんようにできてんねん。


やとすると、
借金を良い悪いの軸で、
曖昧に判断するんじゃなく、

数字とFact(事実)で考える。



例えば、

●現金一括で買えるけど、
ローン金利以上の運用先があるため、
あえてローンを組んで、
手持ちのお金を運用する。
(機会費用が増えないようにする)


●いつでも売却できるように、
最低売却価格を想定し、
その差額分の頭金を入れる(借りる)。
(キャッシュフローの悪化による、
競売リスクを回避)


など、

数字とFactを積み上げれば、
いくらでもリスクヘッジの方法はある。

結局、
今の損得で考えへん思考が、
長期的な損失を防ぐことになんねん。



まとめ
「借金は良い悪いよりも、
リスクの種類で判断すべし。」


【リスクは大きさで判断するな!】

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス