アンバランスを楽しむ | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。





巷では、

「ワーク・ライフ・バランス」

なんて言葉を、たまに聞く。





この言葉を聞くと、

いつも疑問に思うことがあんねん。



*ここでいう「ワーク」は、

人生を通じた仕事のことで、

本業の他に、自己投資や複業を含む。







そもそも世の中に、

自分のワーク(仕事)とライフ(生活)の

バランス(均衡点)を理解してる人なんて、

おるんかいな?



と。







高々10年、20年働いただけで、

2つの均衡点が分かるはずもなく。





仮に分かったとしても、

これだけ外部環境の変化が早くて激しい中、

どうやって将来も均衡点を保つつもりなんや。





若いうちから、

「働き過ぎは良くない」とか言うてる人は、

いつ働く気なんやろう?





それとも、

技術が発達すればするほど、

付加価値が無くなる現代でも、



ボチボチ働いてれば、

生きていけると思ってるんやろか?







「ワーク・ライフ・バランス」



という単語を使う人は、

仕事(社会)での役割や自己成長よりも、

自分(家族)の生活を重視してる人に多い。



つまり、

ワークは最低限、でもライフは最大限。



って、感じ。





残念ながらその思考では、

今の激動の社会を生き抜くことはでけへん。





20~30代は、

いかに人が働かん時に働いたか。

理不尽で、辛い環境に鍛えられたか。



が、人生における「ワーク」の基礎力。



その「ワーク力」があるから、

外部環境の変化が起きても、

仕事を作れる、飯が食える、

国やメディアに騙されない、で済む。





ようは、

今の「アンバランスなワーク」が、

将来の「アンバランスなライフ」を防ぐ。





やから、

働けるうちに働く。

リスクは取れるうちに取る。

寝れるうちに寝溜めする。



っていう発想が、

外部環境の変化に対応する唯一の手段。





であれば、

最低限の生活を、

担保できるようになるまで、



「ワーク力」(能力、知恵、人脈)

を磨くために、時間、資金、エネルギーを、

集中させた方がええやん。





あえての、

「ワーク・ライフ・アンバランス」





ほんで、

「バランス(均衡点)」は、

人生で長期的に探っていったらええねん。









僕の周りの、

30代でそこそこ自由に働いてる人は、



10~20代で、

死ぬほど辛い目に遭いながら、

働き続けて、生活なんてめちゃくちゃ。



って、人が多い。





その経験や知恵、人脈が、

人生の今を作ってるとすると、

やっぱり僕もまだ、

バランスを取ってる場合ちゃうやん!



って思う次第です。







まとめ

「アンバランスなワークが、

アンバランスなライフを防ぐ。」





PS. 嫁には「ライフ」を増やすために、

今は「ワーク」に傾倒してる。

と、言い張ってることは言うまでもない・・

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス