持ち家VS賃貸のウソ | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:

まいど、北田です。


あなたは将来、家を買う予定ですか?
それとも、借家に住む予定ですか?




これは、昭和の頃から語り継がれてきた、
有名なテーマ。


他にも、

投資用不動産なら、新築か中古か?
住宅用不動産なら、新築か中古か?

どっちの方が、得だの損だの。
どっち方が、資産だの負債だの。



かなり論点がズレてる相談が後を絶たへん。


でもこれは、
そんな難しい話とちゃうねん!



さすがにもう、
家賃払い続けるよりローンの方が安いし、
将来資産になるから、家は買った方がいい!


なんて言う人はおらんとは思うけど、
もしそのケがある人は、何回も読んでや。



そもそも、
家を買うという行為は、

「リスクを取り、リターンを得る行為」

に他ならない訳です。



とすると、


これだけのリターン(家)が欲しいから、
リスク(ローン期間、金額)はある程度しゃーない!

で、いいんでしたっけ?


ちゃいますよね?


ここで、基本に戻りましょか。



考えるべきは、
損得やリスクの大小じゃなくて、

リスクの種類。


詳細は下記を参照

【リスクは大きさで判断するな!】



思い出しました?


特に不動産は、知らず知らずのうちに、
負えないリスクを負ってる人が多すぎる!


仮に、
35年ローンで家を買うということは、

「35年間の収入は未確定やのに、
35年間の支出を確定させること。」

に、他ならんわけですよ。



もし将来、何かしらの出来事により、
ローンが支払えなくなったら、、、、

損とか得とか、
資産とか負債とか関係なく、

ただ破産。



つまり、

そのローンは確実に返していけるのか?

が、最も重要な訳ですねん。



将来に起きる可能性のある、
内部的、外部的なリスクを、
コントロール、低減でけへんうちは、

わざわざ35年先のリスクを、
前受けすることなんてないんちゃう?

と、思ってしまうこの頃です。



まとめ
「損得よりも重要なのは、資金繰り」


解説:売上や利益があっても、
支払いができなければ会社は潰れます。

通称 = 黒字倒産

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス