富の意味するもの | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


今日メルマガは、
大阪のなんばウォークからお届けします。

先月から、
大阪でも毎月セミナーを開くことになり、
何故かGWの真っ只中に、大阪出張(涙)

人は多いわ、お店は一杯やわで大変です。


でもやっぱり、大阪の串カツは上手い!

なんせ、ソースと側(衣)が旨さの9割を占めるから、
何を食うてもハズレがない!

(ほな、具いらんやん!とか突っ込まんんでや。)


って、大阪談義はこの辺にして、
本題に入りましょか。



さて、
あなたは「富」が欲しいですか?





きっと、素直な方であれば、

「はい、欲しいです!」

と答えるはず。



それはそれで、かまへん。


ただ、ここでのポイントは、


あなたが「富」を、どんな役割の、
どんなものやと認識してるか?

やねん。



参考にウィキペディアをみると、

「富」とは、《価値ある資源
または物的な財産が豊富にあること》


って、書いてる。


何か、分かりそうで分かりにくくない?



価値ある資源って、何のこと?

物的な財産って、何のこと?

ようは、お金のことやろ?


って感じ。


誰かが勝手に意味付けした言葉なんて、
なんの価値もないし、意味分からん。



ただ、ほんまに富を得たかったら、

あなた自身が「富」を意味付けせなあかん。



ちなみに、
世界中でいろんな人が「富」を定義してはる。


アダム・スミスの「富」の定義は、
富とは国民の労働で生産される必需品と便益品


ロバート・キヨサキの「富」の定義は、
今仕事をやめたとしても暮らしていける日数


ロジャー・ハミルトンの「富」の定義は、
お金を全て失った時に残るもののこと


などなど。


特に、ロジャーの定義を聞いた時、

「なるほどなぁ」

って、思ったもんですよ。


ロジャーは、
富=庭園で、お金=蝶やと言うてる。

何かの拍子に蝶がいなくなっても、
庭園をもっていれば、
いずれまた蝶は集まってくる。

ってやつ。


ホリエモンがそんな感じかな。

全てを失っても、
不死鳥のごとく復活。

それは、お金の有無とちゃう。



ただ、天邪鬼の僕はさらに考える。


資本主義でない国での「富」とは?


少なくともお金とはちゃうな。

人脈?
知恵?
経験?
能力?
勇気?


もちろん答えはない。


ただ、
あなたがほんまに富める者になりたいなら、
「富」を定義することから始めてみたら?



まとめ
「富とはお金のことではない。」

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス