人生最大のコストとは!? | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


「費用対効果」が高い。

あなたはこの言葉が好き?



意味は知ってのとおり、
「同じ費用でより効果の高いものを得る。」

ってこと。

でも、この考えに固執してると、
どんどんお金がなくなるって、知ってた?



例えば、
ちょっと離れたスーパーで特売があるとしよ。

通常、卵は1パック200円。

でもその特売では、
お1人様1パックのみ10円やとする。


費用対効果的には、
同じ卵を手に入れるのに、190円も得をする。

という話。



ここで気付いて欲しいのは、
その190円の収益を得るために、
いくらの費用(コスト)がかかったか。

ということ。

費用=収益を得る目的で支払ったもの。


自分で事業をやってる人であれば、
ピンと来た人もおるんちゃうかな。


ここでいう、
190円の収益のために支払ったコストは、

その卵を手に入れるまでに掛かった、総時間。


仮に、そのスーパーまで行く時間が、
いつものお店より、
片道10分の余分に時間が掛かるとする。

ほなら、
往復20分+購入10分で、
合計30分の時間を余分にかけたことになる。


そして、
あなたの30分にはいくらの価値があるか?

この、【時間×価値】が、コスト。


あなたの30分は、
最低でも500円以上の価値はある。

だって、コンビニのバイトでも
時給1000円は貰えるから、
30分の価値は500円。


とするなら、
本来あなたが30分働けば、
500円の利益を得られるにも関わらず、

190円の利益を得るために
30分という時間を投資したことになる。


これは、見えないコストであるがゆえに、
ついつい見落としがちな概念。


この考え方は、
「費用対効果」ではなく【時間対効果】。


重要なのは、
自分の時間の価値を把握し、
自分が時間を掛けるに際し、
それ以上の収益がもたらされるかを、
判断基準に持つこと。


そして、
経営者や投資家であれば必須のスキル。

自分の時間を使えば、
目に見えるコストは掛からないが、
目に見えないコストが膨らむ。

結果、他の事をする時間がなくなる。


人の時間を使えば、
目に見えるコストが掛かるが、
目に見えないコストが減る。

結果、自分は他の事ができる。


損得という、目に見えるもの執着すると、
あなたの1時間当たりの価値を高める、
っていう本質からズレてゆく。


そして、いつまで経っても安く使われる。

って事にならんよう、
今の内に価値観を変えることが重要でっせ。


まとめ
「時間は最大のコスト」

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス