儲かる投資話は聞くべきか? | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


今日のテーマは、
「儲かるとはなんぞや?」について。


年利5%の投資と、
年利10%の投資があったとしよ。

あなたならどっちに投資したい?



一般的には、
利回りは良いほうが好まれる。


なんでか?


同じ資金を投下して、結果が違うんなら、
そらより儲かる方がええやん。

ってこと。



あなたがもし、
100万円を1年間銀行に預けたら、
リターンとして「200円」を得ることができる。

つまり、銀行預金っていうのは、
ローリスク・ローリターンの投資ってこと。


日本の銀行やったら、
1,000万まではペイオフで保証されるから、

「リスク」はほぼない。
だから、「リターン」もほぼない。


でも、あなたは、
その100万円を株に投資することもできる。

1年後には倍になってるかもしれへんし、
逆に半分になってるかもしれへん。

これは、ハイリスク・ハイリターンの投資。


金融市場では、

【リスク】 (ばらつきの大きさ)と、
【リターン】 (期待できる儲けの大きさ)

は釣り合うようになってんねん。


仮に、
ローリスク・ハイリターンのものがあったら、
みんなが群がって、購入価格が上がるから、
リターンが下がる。

ハイリスク・ローリターンのものは、
誰も手を出さんから、購入価格が下がって、
リターンが上がる。

これが、市場原理ってやつ。


やから、
リスクを取りたくなければ、
小さな利益でガマンせなあかんし、

儲けたければ、リスクを取らなあかん。



てことで、さっきの、

株式投資で資産を2倍にした人が、
銀行預金をしてる人に対して、

「俺の方が正しい!」

って主張しても全く意味がない。



なんでかって言うと、

それはただ、リスクを大きく取ったに過ぎず、
そもそもリスクが違うものを、
利益だけで比べることは出けへん。


大きなリスクを取った投資家の中から、
大儲けする人が出るのは当たり前。


そんなヘッポコが書いた、
「株で1億円儲ける」みたいな本は、
「宝くじ必勝法」ぐらい、全く役にたたん。


だって、投資の成功は、
儲けた額の大きさで決まるわけちゃうから。



まとめ
「利回りが良い(儲かる)とは、
単にリスクが高いと言ってるに過ぎない」

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス