あなたの労働力を高く売る方法 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。

マルクスの「資本論」に基づく
三部作も今回で終了やねん。

最終回は、
【あなたの労働力を高く
売る方法】
について。

前回、モノの価格は「価値」で決まり、
労働力も同じやと伝えました。

ここで言う、「価値」とは

【それを作るのに、
どれだけ人の手間が掛かったか】

ということ。


で、
「労働力」も「商品」やとすると、

その労働力の価値が高いということ。

価値が高い=人の手間が掛かっている。


つまり、
その人の労働力を形成する、
原材料(特有のスキル、知識、資格など)、
の「価値」が高いということ。


ちょっと考えてみて。

ハーバード大学でMBAを取った人は、
給料(価値)が高いやん?

医師免許を持ってる人は、
給料(価値)が高いやん?

だって、それを手に入れるまでに、
めちゃめちゃ手間と費用を掛けてるもん。


そこまでじゃなくても、
資格を取ると「資格手当て」って付くやん?

大して仕事で使わんのに。


これは、
「価値」を高めた(=手間と費用を掛けた)
ことの対価やで。


でも残念ながら、ほとんどの日本人は、
「使用価値」ばっかり見てる。


残念な経営者や営業マンは、
短期的な成果を上げることに執着して、
自分のインセンティブに一喜一憂してる。


そこで、見習うべきは、
欧米のビジネスマン。

彼らは仕事を、
【「価値」を高める作業】と認識してる。

自分がどうやって「価値」を高めるべきか、
常に考えながら、仕事や転職をしてる。

その違いは、仕事の反対語を聞けばわかる。

日本人に聞くと「休み」と答え、

欧米人に聞くと「遊び」と答える。


これは、日々、
「使用価値」に追われてるのと、
「価値」で仕事をしているのと、の違い。

だから日本人のサラリーマンは、
いつまでたっても貧乏暇無し。ってこと。


明日のために早く帰って休むって人多いけど、

その休みは、
【休みという名の「仕事」】
(次の日の準備、という仕事)
ってことに気づいてるかな。

まさに、24時間戦ってる。
(リゲインのCM?)


資本主義において、
「価値」を高めることが出来れば、
給料(収入)は確実に増える。


なぜなら、資本主義は、
価値に基づいて価格が決まってるから。


価値を高めるには、原理原則に基づいた、
普遍的な技術、能力、資格を身につけること。

それが一番の近道。


そして、ゴールの無い旅。

価値で仕事ができるようになったら、
ぜんぜん疲れへんから、
「休み」が「遊び」になるで。


まとめ
「労働力は、価値を高めて高く売るべし。」

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス