浪費グセが治る、〇〇の法則 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


人は、なぜ貯金ができないのか?
浪費グセが原因か?って話。


そもそも浪費グセを治すためには、
浪費のメカニズムを知る必要があんねん。


そのメカニズムとは、
【パーキンソンの法則】。


具体的には、下記の2つの法則のこと。

●第1法則
「仕事の量は完成の為に与えられた時間を
すべて満たすまで膨張する」

●第2法則
【支出の額は収入の額に達するまで膨張する】


あなたの周りでも、

「財布にお金を入れてると、
あるだけ使っちゃうんで、
あんまり入れないようにしてます(笑)」

って人、何人か思い当たるやろ?

まさにこの法則にのっとって、
あるだけ使っちゃう症候群やな。

結局、人は、時間もお金も上限いっぱいまで
使ってまう生き物やねん。


たまに、
「自分は給料が少ないから、貯まらへん。」
っていう人がおるけど、

これは破綻する人の典型的パターン。

だって、90年代ブレイクしたT.Kさんは
音楽で100億円稼いだって言われてる。


でも末路は、、、

著作権詐欺(5億円)で捕まるほど、
お金を全部使い果たした。


これは、法則通りに
収入に比例して支出が増えて、
そして、収入の額に達しただけで、
全然珍しい話じゃない。


つまり、年収が高いからと言って、
貯金ができるわけじゃない。

逆に、年収が低いのは、
貯金ができない理由にはならない。

ってことやな。


そして、
この法則に打ち勝つ対策は簡単。

・目的を持つ。(いつ、いくら)
・基準を設定する。(高めに)
・経過を分析する。(修正、改善)

だけ。


まずは、目的。
ざっくりでかまへんから、
いつ、いくら必要か考えよ。

例えば、教育資金で1,000万、
老後資金で3,000万とかね。



次に、基準。
一般的に、手取りの2割を貯金に回せ!
って言うけど、それは収入によって変わる。

できれば、3割ぐらいを設定しておくと、
将来が楽。(独身のうちが勝負)

この時のポイントは、
額ではなくて、【率】で考える事。

でないと、
収入が変化した時に対応でけへんから。


最後は、分析。

計画は予定通り進んでるか。
貯金総額や貯金率の比較対象が、
お金や法則のことを分かってる人達か。
(同僚などと比較しても意味ないで)

以上。



まとめの法則
「収入が増えれば、同じだけ支出も増える。」


PS.とは言っても、
ムダ遣いしてる時が一番楽しいねんから、
我慢し過ぎはよくない。適度にね。適度に。


【無駄遣い定義】を知りたい方はこちら


お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス