「選ぶ」と「探す」の大きな違い | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:

まいど、北田です。


よく、
「良い投資先を探してるんですけど、
オススメの情報ありますか?」

って、質問されることが多い。


みんな無駄な事を避けたいし、
より効率的に情報を得たいのは、分かる。


でも、この質問をしてる限り、
ええ投資先は絶対に見つからへん。


だって、
根本的に情報の取り方がズレてるもん。



<理由>
あなたにとっての「良い」を定義せんと、
何をもってええ投資先か分からんから。



例えばあなたが、トヨタに行って、
「オススメの車は?」って訊いたら、

担当者はきっと、
「クラウンです。」って答えよる。


でも、あなたが6人家族やったら、
そもそも5人乗りの車は選択肢に無いはず。


つまり、その人の目的や環境によって、
「良いもの」の基準が全くちゃうねん。

やから、自分に合うものを明確にせんと、
いくら探しても良い情報は見つかれへん。


いつも売り手にとって、
「良い」情報ばっかり受け取ってない?

(売り手が)良いもの=利益率が一番高い。

いわゆる居酒屋のオススメ料理、
人気の投資信託、病院の薬とかやな。


結局、「探してる」って状態は、
目的や基準がないという状態。



もちろん、恋人や結婚相手、
パートナーを見つける時も一緒。

あなたにとっての良いパートナー
(容姿、性格、年収、年齢、理念)
を定義せんと、まぁ見つかれへん。

定義せんまま婚活してる人、
気ぃつけや(笑)



情報は、「探す」んじゃなくて、
【選ぶ】ことが大事。


【選ぶ】
「多くの中から、
自分の目的や基準に合うものを取り出す。」

イコール、合わないものは捨てるってこと。



投資においても、「探してる」時点で、
目的なくそれっぽい情報を集めてるだけ。


そらいつまで経っても、それが自分にとって、
良い情報かどうかの判断さえつかへんわな。


まとめ
「目的が明確になれば、選べるようになる。」


PS.ちゃんと【選んだ】つもりでも、
目的と基準が間違ってたら、後が大変やで。
(結婚してる人なら分かるかなぁ。)


海外投資を探してる人、ちゃんと情報選びや。
【オフショアの落とし穴】

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス