【平均以上と言う罠】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。

今日は、「ヒトの思い込み」について。


<質問>
「自分は平均以上に優れていると思う?」


経済的なことや仕事、スキルなど、
総合して自分は平均以上かどうかってこと。



きっと、ほとんどの人が、

「もちろん!」

って思ってるはず。



こんな事例もある。

米国の大学教授が行った調査で、

「自分のリーダーシップは、
同級生たちに比べて平均以上にある。」

と、考えてる高校生は【70%】もいる。


逆に、平均以下と自己評価した人は、

たったの【2%】だけ。


つまり人は、
自分をめっちゃ高く評価するクセがある。


ちなみに、
米国の大学教授に至っては【94%】が、

「自分は同僚の教授たちよりも優れている」

と信じてんねんて。幸せモンやろ?



これは社会心理学の分野で、

「レイクウォビゴン効果」

って言われてんねんけど、


いわゆる、「ポジティブ幻想」ってやつで、

たとえば、
・自分は事故に遭わない。
・自分には宝くじが当たるかも知れない。
・自分は自制心がある。(禁煙、禁酒)
・自分はお金をコントロールできている。
・自分は死なない。

など、全く客観的でない、
「ポジティブな思い込み」のこと。


この能力は、
安心して生活するためには必要やねんけど、
度が過ぎると、危機管理ができんくなる。


昨年の地震やリーマンショックの時もそう。


今後の日本では、安心して生活するためにも、
危機管理は必須。

・どこでも働けるよう、自分のスキルを磨く。
・給料以外で別の収入源を作る。
・(日本の)銀行以外で資産を管理する。
・最悪のケースを想定して、対策を練る。

数えあげたらきりがない。


やのに、いつも一緒にいる人たちが
「ポジティブ幻想さん」ばっかりやと、

何か起こった時、
間違いなく後手を踏む。

そして、他人や社会、外部要因のせいにする。

やからいつまで経っても、
知恵者や権力者に操作され続ける。


人は基本的に、

自分に都合が良いものしか見ない。
自分に都合の悪いものは無意識に排除する。

ってことを常に意識してれば、
危機管理センサーが衰えることはない。


(まとめ)
「自己評価ほど、非論理的なものはない」



「ポジティブ幻想」が生みだす、
自己投資という名の無駄遣いを減らしたい人へ

【無駄遣いの定義】

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス