【日本人置いてけぼり時代】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


今回でシンガポールの話は最後やで。
テーマは、「海外の銀行口座開設について」。


5月のシンガポールツアーでは、
UOBの口座を開設してきました。


UOBの正式名称は、
「ユナイテッド オーバーシーズ バンク」


シンガポールに本社があって、
東南アジア全域に支店を展開してる、
シンガポール3大メガバンクの1つ。


昨年の「シンガポールツアー2011」では、
DBS(3大メガバンク)の口座を開けてん。



なんで今回、銀行を変えたかというと、
2012年4月から

「英語の話せない日本人は、
DBSで口座を作れなくなったから。」



そもそも現地に住んでない人が、
口座を開けること自体がムズいんやけどね。


だって、日本に遊びに来た外国人が、
その辺のUFJに口座開設に行っても、

担当者「何で口座が必要なんですか?」

って言われて、開けられへんのと一緒。



理由は、犯罪やマネロン防止。



万一のことがあると、
銀行も責任を問われるからね。


やから、通常は現地で働くことを証明する、
「Employment Pass(エンプロイメント パス)」
がないと、銀行口座を開けられへんのよ。



年々、日本人の海外口座開設に対する規制が、
厳しくなってんねんけど、


それは、日本政府やアメリカさんが、
国内の個人資産1,400兆円を、
海外へ逃がしたくないから。


証拠に、政府は2012年度税制改正に、
海外資産の報告を義務付ける案を盛り込んだ。


具体的には海外に5,000万円以上の資産
(預金、株式、不動産など)を持つ個人は、
年1回税務署への報告が義務付けられ、

違反者には、1年以下の懲役または
50万円以下の罰金が与えられる予定。



さすがに「懲役」は嫌やから、
結構な富裕層がお金を日本に戻してるという噂。


日本におったら全く気付かんけど、
日本人が資産を日本から出せなくなる日は、
思ったより近いかもね。



もしあなたが、
その波(変化)に飲まれることなく、
変化に対応してゆきたいなら、


常に変化してる人から情報を取らなあかん。
常に変化してる環境に身を置かなあかん。


そしたら、変化する(今の安定を捨てる)こと
が楽しくなってくるわ。



波に上手く乗る人の特徴が分かる記事。
【カモになりたくない人へ】




まとめ
「ビジネスでも金融でも、現状維持は衰退」



海外の銀行と日本の銀行の違いを知りたい人へ

【海外の銀行VS日本の銀行】

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス