【カジノが日本にできない理由】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


お待たせしました。

5月末のシンガポールツアーについて、
今回から3回に渡って配信します。


5月のツアーでは、

マリーナベイサンズに宿泊、
(地上200mの屋上にプールがある、
資本主義の権化みたいな建物)

シンガポールのメガバンクの口座開設、

スイスで老舗のプライベートバンク視察、

そして、恒例のカジノで豪遊!?etc

と盛り沢山の内容でした。



今回は、
「カジノと日本のギャンブルについて」。


シンガポールのカジノの、
2011年の売り上げは4,500億。
税引き前利益2,300億円。


税収は600億円超で、
めっちゃ儲かってんねん。


やから最近日本でも、
カジノで税収を賄う案が議論されてるやん?

でも、日本では中々話が進んでへん。

なんでやと思う?




それは、カジノができると困る人たちが、
仰山おるからです。


誰が困るかは、
ギャンブルの控除率をみれば推測できる。


「控除率」って言うんは、

「ある賭けに対して、
いくら手数料をとられるかを示す割合のこと」



もし、ある賭けの控除率20%なら、


1,000円賭けても、
リターンの期待値は800円しかない。


やればやるほど、期待値に近づく。


プレイヤーは、控除率が高いほど負けやすく、
控除率低いほど、勝ちやすくなる。


しかし、日本のギャンブルの控除率は高い。


特に宝くじなんて、異常としか言われへん。

【宝くじは愚者の税金である】



比べて、カジノの控除率はめっちゃ低い。

ルーレットやポーカー、バカラでも5%以下。


だから、プレイヤーの期待値で言うと、
お客さんが勝ちやすい。


で、日本でこれを導入されたら、
パ●ンコ業界に絡む既得権益の方々が、

たいへん嫌がる訳ですよ。


まぁ、30兆の巨大産業にメスを入れるんは、
一筋縄ではいかんわな。


こうやって海外の仕組みと比べてみると、
いかに日本がズレてるかが分かるやろ?


これは投資もビジネスでも一緒。

よう出来た仕組みには、
常に見えへん控除が潜んでんねん。



まとめ
「控除率が高ければ勝てるものも勝てない。」


参考サイト「ギャンブルの経済学」

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス