【お金の貸す時のルール】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。



子供の頃、

親から「お金の貸し借りはするな!」

って教わった人、多いんとちゃう?



僕も小さい頃、

耳にタコができるぐらい言われたわ。


だから、今でも言われると、

イラってくる、、、、時もある。




でも、何べん言われても実行でけへんのが、

親の小言やん?


だから実際、

お金の貸し借りのトラブルを経験させてもろた。




あなたも、

お金の貸し借りしたことあるんちゃうかな?




でもなんで親は、

お金の貸し借りをすんなって言うてたんやろ?


借りたら返しゃあええし。

貸したら返して貰えばええやん。



でも、そう上手くいかんのが人間関係。


金の切れ目は縁の切れ目。


お金の貸し借りはトラブルになりやすい。




なんでか?


お金はドッヂボールで言えば、ボールやねん。



ドッヂボールでは、

基本ボールを持ってる方が圧倒的に有利。



やから、

相手にボールが渡った瞬間、自分は防戦一方。





貸すまでは借り手がお願いしてたはずやのに、

ボールが渡った瞬間、

貸し手がお願いするようになる。


「返して下さい」、と。



結局、中々返してくれへんし面倒やから、

あんまり言わんくなって、関係が悪くなる。





これは、

お金が原因じゃなくて、勘違いが原因。



貸す側は、

いつでも返ってくると思ってる。



それが、アカン!!



そもそも、金を貸す(出す)ってことは、

「投資」やで。



せやから常に、

リスクとリターンを考えな。




貸す側もメリットがあるから貸すわけで、

赤の他人やったら、絶対に貸さへんやん?



メリットの例は、

・嫌われたくない

・器の小さい奴(ケチ)と思われたくない

・恩を売りたい

・利息が欲しい

など



結局、なんらかの利益(リターン)を得るために、

お金を貸す(リスク)んよ。



で、赤の他人に貸さんのは、

リスクしかないから。




やから、貸し借りで揉める時は、

両方に責任があんねん。

(とは言うても、返さん奴が一番悪いねんで。)




「お金を貸すなら、あげる(つもりで)。」

これも、よく言われることやね。




つまり、親や先人たちは、


貸す(投資する)時に最大のリスク(戻って来ないこと)


を最初から想定しおておけ!というてるわけです。





それを、帰ってくる(元本保証)前提におるから、

ややこしくなる。



銀行でも全額守られてへんのに、、、


リスクを理解してへんなら、

投資(貸)したらあかんわな。





まとめ

「お金を貸すなら、リスクの【種類】で決めるべし。」



「リスクの種類」については、こちらをどうぞ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
【リスクは大きさで判断するな!】

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス