【節税に必要な、たった2つの仕組み】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


前回の続き、サラリーマンの節税について。



↓ 前回の内容はコチラ ↓

【ムチと税金とサラリーマン】



結論から言うと、


「僕はサラリーマンの頃、

給与の他に【事業所得】があって、

それを【損益通算】で合算して、

毎年、確定申告をしてました。」



サラリーマンの節税のポイントは、

【事業所得】と【損益通算】 の、たった2つだけ。




まず、【事業所得】やけど、

「毎月自分で事業として稼いでいている給与以外の収入のこと。」


やから、人によっては副業収入も事業所得として解釈できるねん。



例えば、副業で会社員をやってる、

売れへん漫画家の漫画からの所得。とか。

(本業で食えないから、会社員やってると言い張る人達)




僕もサラリーマン時代、会社以外で仕事して所得を得てた。




当たり前やけど、どんな事業も最初から黒字なわけちゃうやん?

みんな最初は、その事業に費やす費用の方が多いんよ。



だって、事業をするためには、事業所(自宅)が必要やし、

人と連絡を取るときは、携帯やインターネットもいる、

打ち合わせ、接待交際費や交通費など、全てにお金がかかる。





それらを計算すると、


月で約20万円、年間で240万円ぐらいになるんちゃうかな。


だから、月の収入は5万、費用は20万。


よくある話やな。




ただ、通常、副業収入は【雑所得】っていうて、確定申告しても、


かかった費用は認められず、全収入が課税対象になる。


つまり、納税額が増える。(乙)




そこで出て来るのが、【損益通算】。


文字通り、利益である「所得」と損失である「費用」を

ガッチャンコして、節税できる仕組みの事。




この仕組みは、雑所得ではなく事業所得なら適応できる。




所得税や住民税は、黒字(課税所得)に関して掛かる。


コレを使うと、黒字から事業でかかった経費分赤字を差し引ける。




つまり、「給与だけでは黒字に見えてましたが、


実は事業で赤字が膨らんでて、


損益通算してみると、ほとんど手元に残ってません。」



と、いう内容で確定申告をすると、


払った所得税が戻ってきたり、翌年の住民税が減ったりする。



これが「損益通算」の考え方やねん。




やから、サラリーマンでも【事業所得】を得てて、


この【損益通算】を使って確定申告するだけで、簡単に節税ができる。





ただし、会社で副業が禁止されてる方はオススメしません。


だって、翌年の住民税額が減ると、理由を聞かれて、


目をつけられる恐れがあるから。


節税は自己責任でお願いします。




まとめ

「サラリーマンでも税金は簡単に減らせる」



参考著書
「無税入門」只野範男

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス