【損得よりも大事なモノ】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


今日のテーマは、「損得の基準」について、先日のある人との会話。


~~~~~~~~~~~~~~~~

Aさん「北田さん、今って円高じゃないですか?

実は私、留学を考えてるんですが、どうせ行くなら今の内に行った方がいいですよね?」



北田 「確かに過去と比べたら、今は円高やね。」



Aさん「それって、今行った方が得ってことですよね?」



北田 「んー、それは損か得かは分からんなぁ。

その概念で言うと、今留学しても、もし来年「1ドル=60円」になったら、損したことにならへん?」




Aさん「確かに、、、。

でも、過去と比べれば円高なんで得ですよね?」



北田「過去よりは円高になってるけど、それだけで損か得かは判断でけへん。

だって、未来が円安にならんと得したとは言わんやん?」



Aさん「損得が未来にならないと分からないなら、

損得はいつまで経っても判断出来ないということですか?」



北田 「そうなるね。」



Aさん「損得が分からなかったら、どう判断すればいいんですか?」



北田「そら、損得以外やろな。

そもそも、物事は損得だけで判断したらうまくいかんよ。」



Aさん「えっ!?」



北田 「判断で大切なんは、それが自分に必要かどうか。

やから、Aさんにとって今、留学が必要やったら、円高だろうが円安だろうが、行くべき。


留学しようかどうか悩んでいる間に、外部環境が変化してチャレンジでけへんようになるかも知らんしな。」



Aさん「必要かどうかですか?」



北田 「うん。それが出来るようになると、損得や感情での判断が減って、

自分に必要なものが分かってくる。



投資運用でも、今の成績や利回りだけで損得を判断するんじゃなく、

自分が将来、使いやすそうな仕組みや内容のものを選ぶ方が多面的に役に立つ。


逆に、安いから、手頃やからと言うて、必要そうな必要のないものは買わん方がええな。

ほとんどの場合、必要ないもんを買っても、買って満足して終わってまうから。


思い当たるフシあるんちゃう?


バーゲンで買ったけど、一度も着てない服、使ってない小物とか、、、、」



Aさん「はい、あります。。。」



北田「ほなまずは、必要ないもんを買わんクセをつけていこか。

それだけで留学費用貯まるで(笑)」




【結論】

「必要なものは高かろうが必要。いらんもんは、安くてもいらん。」

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス