【地震と募金と4次元ポケット】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
「東日本大震災」

3.11
東北地方を襲った、未曾有のできごと。


今日は、そんな災害を利用してる人たちのハナシ。


あの災害を受けて、現地にボランティアとして行けないにも、
何か協力したい。という思いで募金をした人は多かったハズ。

僕もその一人なんですが、その募金先が問題。


募金先としては、日本赤十字社やら色んな団体があります。


そもそも存在しない団体は論外やけど、
たまに、有名人(マ〇ャミ、G〇CKT、上地〇輔)や
団体(ドラ〇もん募金)などが集めるケースがあるんよ。


それっぽい看板とそれっぽい理由を作り、自分たちの口座に寄付金を集める。
そして、それを自分(団体)名義で振り込む。


一見、素晴らしい行為に見えます。
わざわざ、取りまとめてくれたんだ、と。



でも、
なぜ募金するのに、わざわざ自分が集める必要があるのか?


「募金は日本赤十字社へ!」
と案内することもできように。。。



しかし、彼らはそんなモッタイナイことはしません。


なぜなら、
寄付金には、【領収書】が発行されるんです。







そう、寄付をすることで

【節税】セツゼイ

が出来るんです!!


Wikipedia:
節税(せつぜい)とは、法の想定する範囲で税負担を減少させる行為である。





募金には、
「寄付金控除」というものが存在します。


年収3,000万以上の人は、累進課税により税率が50%です。

その人が
「1,000万」を寄付すれば、その50%の「500万」が控除されます。

人のお金を寄付して、実質500万【貰える】んです。


これが、有名人や企業(団体)がこぞって募金を集める理由。



相変わらず、メディアは茶番劇やなぁと思うこの頃です。


募金するなら、
日本赤十字社(全額寄付)か、俺(全額運用)にしときや!


≪おまけ≫

「ドラ〇もん募金」
2011/3/17 募金総額6億円

振り分け先
・岩手県1億円
・宮城県1億円
・福島県1億円
・日本赤十字1億円
・ジャパン・プラット・フォーム2億円

*ジャパン・プラット・フォーム
海外支援団体(NGO)

NGOの支援対象、外国って。


ドラ〇もんは悪くないねんで、ドラ〇もんは。。。。


『ドラ〇もん募金』
「4次元ポケットで、いくらか目減りする募金」

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス