【財布には、常に10万円を入れなさい】 | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


ヒトは無意識のイメージで生きています。


あなたは今、財布にいくら入ってますか?



















A 10万円~

B 5万~10万円

C 1万~5万円

D 3千~1万円

E 1円~3千円

F その他(イラクディナールなど)



では、質問です。

なぜ、その金額なんですか?


ゆうときますけど、「たまたま」とかなしですよ。

きっと、理由があるんです。

(ほんまにたまたまのヒトは、いつも入ってる金額を想像して下さい。)



ほとんどの人が、Cの5万円より少ないんちゃいますか?

もちろん沢山入っとったらええってゆう話とちゃいますよ。



「なぜその金額なのか」がポイントです。


なぜなら、
それが知らず知らずに身に付けた、

あなたの(財布の)コンフォートゾーンやからです。

*コンフォートゾーン=自分が落ち着く状態。


人は、無意識に生きてます。

だから、無意識時のイメージってめっちゃ重要なんです。



つまり、財布に5万円以下しか入ってない人は、

心のどっかで、

「財布には余りお金を入れんとこっ。」

って思てます。



財布にお金を入れへん理由として、

1.お金があると使ってしまうから。
2.落としたら嫌だから。

などがあるんですが、

よう考えて下さい。


すでにICマネーやクレジットカードが氾濫してる社会で、

日々、現金を使う割合ってどれくらいやと思います?

・・・・・・

たぶん、知れてますよ。



ちなみにぼくの場合は、

飲み会で、カードでポイント貰お思て皆から現金集めたけど、
「お客さんすんまへん、うちカード使えまへんねん。ほんま堪忍して下さい。」
って言われて、渋々皆から集めた現金と自分の分足して払う時ぐらいですわ。(涙)



ほんで、

1.お金があると使ってしまうから。

って人は逆に、財布に入ってるお金は使ってええお金なんですかね?

あるだけ使ってまうなら、いまのうちに矯正せんとあかんのちゃう?



2.落としたら嫌だから。

落とすのは意識してないからちゃうんかな?

僕はそんな人がいつも持ち歩いてる携帯の方が心配です。

人によっては携帯落とした方が困ったりするから。

でも、落とさんよね。なかなか。

なら、よっぽど100万円入れてた方が落とさんと思うけど。。。(極論!?)



要は、知らず知らずのうちに、

「お金は余り持ち歩かないほうが無難だ。」

と刷り込まれて(思い込んで)るフシがあります。


だから、

(お金が無くなったら)こまめに銀行にいく必要がある。
そして並ぶ。たまに手数料を払う。田舎にはATMすら無い。

出すべき所で、「ごめんやけど立て替えといて。」
っていうて、借りてたん忘れて信用失ってみたり。

財布にお金がいっぱい入ってたら、
ドキドキして落ち着かへんかったり。

カード払いばっかりで、請求額を把握してなかったり。



これって、無駄やと思いません?


まさに、コンフォートゾーンが低い証拠です。

逆に、いつも財布に10万円入ってる人は、
10万円入って無いだけでドキドキします。





【結論】

僕(北田)は、いつも財布に諭吉を10人以上入れてます。


なぜなら、ある経営者にこう教えてもらったんです。


「財布には諭吉を10人束で入れとけ、寂しがらんように。

ほんなら、あほでも財布を大事にするやろ。

いつも10万円を持ち歩いてる男や。

いつでも10万円を払える男や。

もし無くしたら、なんで無くしたか反省せぇ。

銀行に金下ろしに行くんも、月1回で十分や。

なんでワレの金下ろすのに、並ばなあかんねん。あほか。」と。



**注意**
(某経営者は東京の方なんで、こんなしゃべり方はしません。)



ぜひあなたも、諭吉10人兄弟を持ち歩いたって下さい。

兄弟が多いんは、ええもんでっせ。

きっと、世界(コンフォートゾーン)が変わりますよ。



PS.万一このメルマガに感化されて、10万円入りの財布を落としても、
責任を負いかねますので、あしからず。

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス