モモレンジャーになりたかったババア(当方)が観た、東映生まれのスーパー戦隊シリーズUSA版を、もしもハリウッドがリメイクしたらバージョン。長い。

 

たーのーしーいーーー!

コレだこれ!

 

お馴染み、日本生まれの戦隊ヒーローなので、色分けされているので。

レッド、ブルー、ピンク、イエロー、ブラック…く、黒!?

意外な色に驚く。よし。

 

人間で、変身で。

複数人で一致団結で。

戦闘は、石切場や採掘場で。

爆発しますよ、そりゃそうよ。

ミュージックはしっかりとそう!戦隊モノ!

 

ちゃんとお約束を実行してくれているじゃないか!

日頃、アメコミ製ヒーロー映画も楽しんではいるものの。

やはり、和製ヒーローは段取りが染み付いているからウキウキ度が違う。

 

たとえば、大ピンチになって、どうなるのこれ…!?

…こうなったらアレしかない…!

と、こちらが想像した通りのアレを実行してくれるからガッツポーズだ、うぇ~い!


 

 

白人、黒人、アジア人、スパニッシュ、美人。

と、バランスに配慮したキャスト陣は、初めまして尽くし。

 

主演のレッド役、デイカー・モンゴメリーはハリウッドでの初仕事。

日本語吹き替えは勝地涼で、初の声優挑戦。初々しい。

 

ピンク役のナオミ・スコットはこの度、実写版『アラジン』のジャスミン役に抜擢された。

広瀬アリスが初の吹き替え。勇ましい。

 

その他のキャストはガチの人気声優が声を当てており、とてもグー。

 

殊に、悪役担当のエリザベス・バンクスは夏木マリに激似。

声は沢城みゆきなのだけれど、スタジオ収録と思えぬ声量&演技で、いい!

 

古田新太が上手すぎて、全く気づかなかった。

 

ナゼ、アジア枠は日本人じゃなく中国人なのホワイ?

と思うも、当のブラック役ルディ・リンがイケメンだから許す。

 

ディーン・イズラライト監督は南ア出身の1984年生まれ、32歳。若い。愕然。
初めての大作でここまで手堅いとは。

子どもの頃に同シリーズに夢中になり、空手を習い始めたというから愛を感じる。

 

 

 

若者の苦悩とチャレンジ。

おいおい~的なツッコミと、ズッコケ。

ヌルヌルっとした各スーツもカッコよろしく、メカもグー。

スタントを出来るだけ使わない方針に応えた、俳優陣の頑張りも。

 

変身までの経緯が物議を醸したが、あの焦らしは好きだ。

あのタメがあってこその、変身キタキタキターーーー!なのだから!

 

町の危機に立ち向かうというご近所展開も、馴染み深い。

『ベスト・キッド』や『クロニクル』も頭をよぎったり。

 

そもそも、1994年から放送されたUSA版TV放送は大人気。

世界160か国で放送された。

当時、アメリカの2歳から11歳までのお子さま視聴率が、91%…!

永井豪アニメ『UFOロボグレンダイザー』の視聴率100%(inフランス)にも迫る勢いだ。

 

和製ヒーローやアニメが輸出されるまで、欧米では子供が観るTV番組が無かったと聞くが、本当かもしれない。

今もこうして、幼心に火を点けてくれる優良コンテンツだ、誇らしい。

 

キャスト予算は抑え目。

CGに予算を注ぎ込み、出来上がった大バトル。

ドッカンドッカンと火花が散るのに、人が死んでいる様子がない安心感。

 

これぞ、リメイク戦隊ハイスクール青春白書。

不入りだ何だというけれど、いつだって楽しんだ者が勝者。

ぜひとも続編を!プリーーーズ!

 

 

 

映画 スクリーン日本語吹替版

 

『パワーレンジャー』
Power Rangers
2017年・アメリカ
監督: ディーン・イズラライト
出演: デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット、RJ・サイラー、ベッキー・G、ルディ・リン、エリザベス・バンクス、ブライアン・クランストン、ビル・ヘイダー、デビット・デンマン
声の出演: 勝地涼、広瀬アリス、杉田智和、水樹奈々、鈴木達央、沢城みゆき、古田新太

 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

※鑑賞の感想です。情報に誤りがございましたら御一報頂けましたら幸いです。

AD

コメント(12)