ドリンクバーを無断で飲んだら何罪?

テーマ:

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

「鎌倉パスタ」に行ったとき(→),「水はドリンクバーのものを飲んでください」と言われてふと思ったのだが,無断でドリンクバーのものを飲んだら何罪になるのだろう?

 

調べた限りでは,そのものずばりの判例や学説はないようなので,以下は全くの私見である。

 

1 最初から犯意がある場合

 

店に入る前から計画的にドリンクバーをただ飲みしてやろうと思っていた場合。

 

この場合は計画的に無銭飲食をした場合と同じであるから,店の人をだまして飲み物を提供させたことになり,刑法246条1項の詐欺罪が成立するということになりそうだ。

 

2 店に入ってから犯意が生じた場合

 

この場合は,犯人の行為に騙されて店側が行った処分行為がなく,行為者が自分で店の占有を侵害しているから,窃盗罪が成立するように思える。

 

だが,店の意思が,会計をする際に申告してくれさえすればよいというものだとすれば,会計の際申告するべきであったのにしなかったということになり,釣銭詐欺同様刑法246条2項の詐欺罪(財産上不法の利益を得た)が成立するようにも思える。

 

なんだか理屈をこねて遊んでいるように見えるかもしれないが,こういうことを考えるのが好きな人が法律の道に向いているのだと思う。