ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

安田純平さんを拘束した犯人を日本の法廷で裁く。

 

「外国で外国人が起こした事件だからそんなの無理」と思えるが,実はできる。

 

刑法第3条の2は,「この法律は,日本国外において日本国民に対して次に掲げる罪を犯した日本国民以外の者に適用する。」と定め,その中に逮捕・監禁,略取・誘拐等が規定されているからだ。

 

もちろん,捜査や証拠上の問題から極めて困難であることは言うまでもないが(https://www.asahi.com/articles/ASLBT7RV2LBTUTIL06P.html 朝日新聞デジタル「安田純平さん拘束、警察が捜査検討 刑法の国外犯規定で」2018年10月26日)。