問われる弁護士の資質

テーマ:

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

弁護士に対する訴訟や懲戒申立の事例を見ると,問題にされているのは2つのことだと思う。

 

1つは,費用を払ったのに弁護活動をしてくれない,選択した弁護方針が間違っていたなどという問題。

 

これはやる気や能力の問題なので,それこそどうしようもない。

 

もうひとつは,弁護士としては全力を尽くしているのだが,それが依頼者に伝わらないこと。

 

コミュニケーション能力の問題だ。

 

いくら全力を尽くして弁護活動をしてもそれが依頼者に伝わらなければ依頼者の信頼・満足は得られない。

 

特に,訴訟に負けた,思ったより勝てなかったという場合などはなおさらだ。

 

それでも「先生はやるだけのことはやってくれたから仕方がない」と思ってもらえれば救われるのだが,説明不十分や横柄な態度など,弁護士のコミュニケーション能力不足が依頼者の不満となり,訴訟や懲戒申し立てにつながる。

 

正直,私より能力のある弁護士は大勢いると思う。

 

だが,私は,依頼者を思う気持ち,依頼者のために全力を尽くそうという気持ちは誰にも負けないつもりでいる。

 

それが依頼者に伝わるように頑張りたいと思っている。

 

 

広島ブログ


 

人気ブログランキングへ