ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

私が準備書面(→)を書くときに心がけていることと,ブログを書くときに心がけていることは同じである。

 

それは,なるべく短いものにすること。

 

文章力がある人なら,準備書面にせよブログにせよ,ボリュームがあるものを書いても,裁判官も読者も読みやすいだろう。

 

現に,広島ブログランキング上位の方のブログは概して文章が長い。

 

だが,私には文章力がない。

 

子どものころから作文は苦手だった。

 

文章力がない私が長い文章を書いても,冗長になり,裁判官も読者も読みにくいだけである。

 

だからせめて簡潔にして,私の真意が伝わるように努力している。

 

裁判官は多数の事件を抱えておりとても忙しい。

 

要点を理解してもらうためには,枝葉を省いて重要部分のみに力点を入れて書いた方が得策だと思う。

 

私の持論はシンプルイズベスト。

 

俳句こそ最高の文学であると私は思っている。

 

 

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

インフルエンザの予防接種を受けようと思い,病院に行って体温を測ったら,34・6度だった。

 

「いやいや,そんな低いはずないですよね。」と言ってもう1回測ったら,33・3度だった。

 

私って冷たい人間なのかな?(笑)

弁護士の敷居が高い

テーマ:

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

「弁護士の敷居が高い」という言葉がよく使われる(例えば,高中正彦外著「弁護士の失敗学 冷や汗が成功への鍵」ぎょうせい 213頁)


だが,いつも勉強になる⑦パパさんのブログによると,「敷居が高い」とは,「不義理をしたり,迷惑をかけたので,あいての家に行きにくい。」という意味である(→


弁護士に相談したいという人,弁護士に依頼したいという人がみな不義理をしたり迷惑をかけているわけではあるまい。


だから,「弁護士の敷居が高い」という日本語は誤っている。


強いて言うなら,「弁護士のハードルが高い」だろうか。


「弁護士の敷居が高い」などという誤った日本語を使っているようでは,益々弁護士のハードルは高くなるのかもしれない。
 

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

弁護士.jpg

 

 
 
 
これってたぶん,弁護士による「犯罪被害者電話相談」ですよね?
 
でも,「弁護士による犯罪被害者」電話相談と読めなくもありません。
 
日本語って難しいですね。

 

被疑者が喜ぶ検事パイ

テーマ:

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

「検事パイ」というとあまりおいしそうなパイには聞こえない。

 

だが,被疑者にとってはとてもおいしいパイである。

 

これは業界用語というべきなのか,隠語というべきなのかよく分からないが,留置施設内などでよく使われる言葉である。

 

検事パイといっても,検事が焼くパイではない。

 

逮捕された被疑者が,勾留された後不起訴又は処分保留で釈放されることをいう。

 

警察から検察庁に事件が送致された後,検事の段階で釈放されることから検事パイといわれるらしい。

 

もちろん,法律に「検事パイ」という言葉はない。

 

でも,誰が考えついたのか分からないが,うまいネーミングだと思う。

 

被疑者にとってみれば,検事パイなら10日ないしは20日で家に帰れるから,裁判で長期間争って勾留され続けた結果無罪になるよりもありがたいとも言える。

 

「検事パイ>無罪」であり,我々弁護人もまず目指すのは検事パイである。

 

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

広島県警本部長から,広島弁護士会長宛てに,「被留置者逃走防止に関する協力依頼について」という文書が来た。

 

感心したのは,宛名が,どこやらのえらそうな「広島弁護士会長殿」ではなく,「広島弁護士会長様」となっていることである。

 

まあ,協力を依頼するのだから仕方がないか。

 

 

面会終了時点で弁護人により,備え付けブザーを押下し留置担当官へ知らせる

 

留置担当官が面会室に到着するまで待機していただく

 

のところに下線が引かれていた。

 

「いただく」というのが,いかにも依頼文書らしい。

 

こんな基本のキが今まで徹底されていなかったのが不思議である。

 

ブザーが広島県下全ての留置施設に配備されたということだが,ちゃんと電池は入っているのだろうか?(笑)

 

 

法廷と腹の虫

テーマ:

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

法廷は静寂な場所である(→)。

 

携帯電話の音をマナーモードにしていても結構響くほどだ。

 

ある日の午前10時からの法廷で,ある人の「ギュルギュル」という腹の虫の音が聞こえてきた。

 

まあこれで審理が邪魔されるわけではないのだが,忙しいのは分かるけど,朝ご飯は食べた方がいいと思いますよ。

 

そうじゃないと仕事に力を発揮できません。

 

民事事件にせよ刑事事件にせよ,裁判はその人にとっては一生の大問題ですからね。

 

私は,ご依頼者のためにも,朝ご飯はしっかり食べます。

 

 

 

弁護人↓? 弁護人↑?

テーマ:

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

広島市は政令指定都市であり比較的大きな都市であるため,転勤で東や西から引っ越してくる人もいる。

 

そのため,市民のアクセントが人によって微妙に異なる。

 

私の経験では,アクセントは,東日本では語頭に来て,西日本では語尾に来ることが多いような気がする。

 

そのため,広島では,人によって,「橋」と「箸」のアクセントが違う人もいれば同じ人もいる感じである。

 

我々は,刑事事件では,裁判官から,「護人」と呼ばれるのだが,多くの裁判官は「護人」と前の方にアクセントを持ってくる。

 

が,中には,「弁人」とアクセントを後ろの方に持ってくる裁判官もいる。

 

細かいことだが,広島地裁らしい光景ではある。

 

 

徴用工賠償判決問題への素朴な疑問

テーマ:

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

私は韓国の法律を知らないから分からないのだが

 

1 なぜこんな昔の問題が時効又は除斥期間にかからないの?

 

2 韓国も三権分立制なんだろうから,日本政府が韓国政府に「問題だ。」と言っても,韓国政府も裁判所が言い渡した判決をどうすることもできないのでは?

 

 

ランキングに参加しています。

 

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
 
広島ブログ

 

人気ブログランキングへ

 

 

11月3日は文化の日だが,文化の日とはどのような日かご存じだろうか?

 

祝日については,「国民の祝日に関する法律」に定められている。

 

その第2条は,文化の日について,「自由と平和を愛し,文化をすすめる」と定めている。 

 

また,憲法記念日について,「日本国憲法の施行を記念し,国の成長を期する。」と定めている。

 

1946年(昭和21年)11月3日に日本国憲法が公布された。

 

公布とは,国会が可決し成立した法律等を国民が知りうる状態にする行為で,その法律等が官報に掲載される。

 

報道などによってその内容が国民に明らかにされる。

 

日本国憲法は,公布から6か月が経過した1947年(昭和22年)5月3日に施行された。

 

すなわち,効力を生じた。

 

これを記念して5月3日は憲法記念日とされ,日本国憲法が公布された日である11月3日は,文化の日とされている。

 

文化の日と憲法記念日は,いわば兄弟の関係にあると言える。

 

最近は,連休を増やすため,「○月の第○月曜日」と定められている祝日もある。

 

だが,文化の日と憲法記念日は,その日にち自体に意義があり動くことはない立派な兄弟である。