北九州記念の予想 出走馬・軸馬データ 2018

北九州記念の予想 出走馬・軸馬データ 2018

第53回 テレビ西日本賞 北九州記念2018(GIII) 3歳以上オープン 1,200m (芝) ハンデ
レース展開、軸馬、買い目、などの情報を紹介しております。


テーマ:

8/19(日)小倉11R・芝1200m(ハンデ)にて
《北九州記念》が開催されます。

 

 




大波乱の決着もあり得るだけに
予想が難しい真夏のスプリント重賞。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

===========
北九州記念の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ゴールドクイーン 51.0 古川吉洋
1 2 ツィンクルソード 53.0 北村友一
2 3 ダイアナヘイロー 55.5 武豊
2 4 ナインテイルズ 54.0 幸英明
3 5 アレスバローズ 56.0 菱田裕二
3 6 セカンドテーブル 56.0 水口優也
4 7 アンヴァル 50.0 荻野極
4 8 アクティブミノル 55.0 酒井学
5 9 ラブカンプー 51.0 和田竜二
5 10 グレイトチャーター 53.0 松山弘平
6 11 ダイメイプリンセス 55.0 秋山真一郎
6 12 スカイパッション 49.0 富田暁
7 13 トウショウピスト 56.0 鮫島克駿
7 14 アサクサゲンキ 53.0 松若風馬
8 15 ナガラフラワー 52.0 高倉稜
8 16 ナリタスターワン 54.0 太宰啓介
8 17 フミノムーン 55.0 国分優作


以上、出走馬17頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ダイアナヘイロー

昨年は3連勝の勢いそのままに
北九州記念でも快走し重賞初制覇。

今年は阪急杯でモズアスコットを
破って重賞2勝目を挙げている。

豊かなスピードが身上で
持ち味を存分に生かせる平坦小回りの
小倉・芝1200mは最適の舞台。

今年も得意条件で自身の競馬に徹し
ゴールまで突っ走るのみだ。


ダイメイプリンセス

前走のアイビスSDで千直最強を証明。

今回は1200mへの距離延長が課題だが
今の充実ぶりならこなせそうだ。

ここで連勝を決めることができれば
サマーシリーズのチャンピオンも見えてくる。

ただ、前走がメイチだった可能性も高く
ゲートの脆さやズブさなども考えると
今回は個人的に強くは狙いづらい1頭。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ラブカンプー

重賞未勝利ながらも新設重賞の葵Sや
アイビスSDでもともに2着と好走。

別定の前走と同じ51kgの軽ハンデも
魅力だし、小倉・芝1200mの舞台は
[1.2.00]と好相性。

豊富なスピードを武器に
ここで重賞初制覇を成し遂げたい。

スプリント界の新しいスター誕生なるか。


ゴールドクイーン

新設重賞の葵Sで逃げ切り重賞初制覇。

他世代の馬と初対戦となった
前走のバーデンバーデンCは2着に
敗れたものの、アタマ差の敗戦なら
悲観する内容ではないだろう。

ここまで芝では全て3着以内に入っており
今回も大崩れは考えづらい。

軽量を活かし3歳馬旋風を巻き起こしたい。


アサクサゲンキ

前走のCBC賞(4着)で年長馬相手でも
ヒケを取らないことをアピール。

今回の舞台である小倉・芝1200mは昨年の
小倉2歳Sで重賞初勝利した得意舞台。

これまで掲示板を外したのは
G1に挑戦した昨年の朝日杯FSだけという
堅実派でここも好勝負が期待できる。

スタートが決まれば好勝負必至だ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【1-2-2-5】
2番人気【1-2-1-6】
3番人気【1-2-1-6】
4番人気【0-0-2-8】
5番人気【1-1-0-8】
6番人気【1-0-2-7】
7~9番人気【5-0-0-25】
10番人気以下【0-3-2-72】


1番人気は9年連続で敗戦中と
波乱傾向の強いレース。

過去10年で三連単の100万馬券以上が
2回も出ており全体的に配当は高め。

8番人気以下が計10頭も馬券に絡んでおり
今年も人気薄の激走には警戒したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-0-17】
2枠【3-0-1-15】
3枠【0-2-2-15】
4枠【1-4-1-14】
5枠【2-0-0-18】
6枠【1-1-2-16】
7枠【0-2-1-22】
8枠【2-1-3-20】


枠は勝率ベースでは最多の3勝を
あげている2枠が好成績ですが
連対率・複勝率では2着4回の4枠がトップ。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-0-10】
先行【5-5-4-29】
差し【4-4-4-55】
追込【1-1-1-43】
マクリ【0-0-1-0】


前半からスピードの出やすい
コースで先行馬が有利。

馬場の内側が荒れてくると
差し馬も決まりやすいが
極端な追込みはほぼ決まらない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

真夏のスプリント重賞としてすっかり
定着した感のある北九州記念。


6Fのハンデ戦とあって波乱の結末も
十分考えられるレースだ。


過去10年の傾向を見ていくと
3着以内に入った30頭中16頭が牝馬と
牝馬の活躍が一段と目立つレース。


また、前走1着の勢いのある馬も
30頭中14頭と注目したい。


次にローテを見ていくと
前走アイビスSD、CBC賞だった馬が12頭で
特に近年はアイビスSD組の活躍が目立つ。


距離は電撃戦にふさわしく
専念していればいるほど買い材料となる。


1200mより短い距離を使っているのは
問題ないが、マイル以上どころか1400mの
タイプと思える馬は大きく割引く。


体調管理が難しい時期の
ハンデ重賞電撃戦である点も考慮すると
働き盛り世代が強いのも納得だ。


よって、前走1着で勢いのある牝馬で
~~~~~~~~~~~~~~~
先行・差しが使える馬を中心に予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【ダイメイプリンス
=============

前走アイビスSDを勝利した牝馬。

このまま連勝したいところだ。


対抗は【ダイアナヘイロー
=============

前走は中段につける競馬だったが
好位追走が多い馬。

去年の再現を。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ダイメイプリンス
〇:ダイアナヘイロー
▲:アレスバローズ
△:ゴールドクイーン 
△:ラブカンプー



ハンデ戦らしく荒れやすいレース。
手広く勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも各種SNSにて競馬の最新ニュースを

リアルタイムで更新しております。

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m


テーマ:

8/20(日)に小倉11R・芝1200mにて
北九州記念》が開催されます。

 

 




大波乱の決着もあり得るだけに、
予想が難しい真夏のスプリント重賞。


今後のスプリント界を占う上でも
非常に重要な一戦となる。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

===========
北九州記念の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ラヴァーズポイント 52.0 川須栄彦
1 2 アクティブミノル 56.0 酒井学
2 3 トウカイセンス 52.0 荻野極
2 4 オウノミチ 54.0 松山弘平
3 5 エイシンブルズアイ 56.0 鮫島克駿
3 6 ナガラオリオン 56.0 高倉稜
4 7 アルティマブラッド 53.0 松若風馬
4 8 ファインニードル 55.0 デムーロ
5 9 ダイアナヘイロー 53.0 武豊
5 10 ダイシンサンダー 55.0 加藤祥太
6 11 ポメグラネイト 53.0 岩崎翼
6 12 ナリタスターワン 55.0 幸英明
7 13 キングハート 56.0 中谷雄太
7 14 ツィンクルソード 54.0 小牧太
7 15 ミッキーラブソング 56.0 和田竜二
8 16 バクシンテイオー 56.0 ホワイト
8 17 プレイズエターナル 55.0 北村友一
8 18 ラインスピリット 56.0 森一馬    


以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ダイアナヘイロー

桜花賞出走には手が届かなかったが
叩かれながら着実に成長を遂げて
3連勝中と注目の上がり馬。

スタートは速いし脚質にも幅が出てきた。

ハナに行ければ尚更ベスト。

スプリント路線に現れた新星候補が
4連勝での重賞制覇なるかに注目したい。


キングハート

2月に1600万下を勝ち上がり、
そのレースを含め4戦連続連対中。

前走の函館SSでも2着と好走。

今回、陣営が北海道滞在ではなく、
あえて小倉までの遠征を選んだのは
この馬の実績を重く見たからこそ。

今の勢いがあれば最後に突き抜ける
可能性は大いにある。

サマーシリーズ制覇に向けて、
ここを勝って王手と行きたい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ファインニードル

前走・水無月Sは57.5kgを背負いながらも
阪神芝1200mのタイレコードで完勝。

その後は放牧でリフレッシュし、
2ヶ月ぶりのここに照準を合わせてきた。

鞍上がミルコなのも頼もしい。

今回は相手関係も強化される中で
見事に結果を残し、スプリンターズSに
駒を進めることができるか。

伸びしろ十分な4歳馬の激走に期待したい。


アクティブミノル

CBC賞3着、アイビスSDでは4着と
力走を続けた同馬が中2週で参戦。

夏3戦目と厳しいローテではあるが
調教も順調でいい感じに動けている。

今回は得意としている1200m戦。

3歳時のセントウルS以来となる
3つ目の重賞獲りを目指す。


ミッキーラブソング

前走の阪急杯は6着の敗退。

抜群の手応えで回ってきたが
伸びきれずと、最近は馬自身が自分で
レースを辞めてしまっている感じ。

ただ、テンの行きっぷりはいいので
今回の1200m戦なら最後まで集中力を
保てる可能性は高い。

久々のスプリント戦で大爆発したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【1-2-2-5】
2番人気【1-2-1-6】
3番人気【0-2-1-7】
4番人気【0-0-2-8】
5番人気【1-1-0-8】
6番人気【1-1-2-6】
7~9番人気【5-0-0-25】
10番人気以下【1-2-2-70】


1番人気は8年連続で敗戦中と
波乱傾向の強いレース。

過去10年で三連単の100万馬券以上が
2回も出ており全体的に配当は高め。

特に軽ハンデの穴馬が激走しやすい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-0-17】
2枠【3-1-1-14】
3枠【0-2-2-15】
4枠【1-4-1-14】
5枠【1-0-0-19】
6枠【1-0-2-17】
7枠【0-2-2-20】
8枠【3-1-2-19】


極端な枠順の有利不利はないが、
データでは3枠と8枠が3勝づつと好走。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-0-10】
先行【4-4-3-30】
差し【5-5-4-52】
追込【1-1-2-43】
マクリ【0-0-1-0】


前半からスピードの出やすい
コースで先行馬が有利。

馬場の内側が荒れてくると
差し馬も決まりやすいが、
極端な追込みはほぼ決まらない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==========
予想情報局の総括
==========


真夏のスプリント重賞としてすっかり
定着した感のある北九州記念。


6Fのハンデ戦とあって波乱の結末も
十分考えられるレースだ。


傾向としては前走1着の勢いのある馬に
注意すべきレースだ。


過去10年のデータを見ていくと、
3着以内30頭中14頭が前走1着。


また、前走がアイビスSD、CBC賞だった
馬が30頭中11頭と好走が多いローテ。


それと前走OP特別だった馬も狙い目で
勝ち馬も4頭出ている。


また、電撃戦にふさわしく、
距離に専念していればいるほど買い材料となる。


1200より短い距離を使っているのは問題ないが、
マイル以上どころか1400のタイプと思える馬は大きく割引く。


体調管理が難しい時期の
ハンデ重賞電撃戦である点も考慮すると
働き盛り世代が強いのも納得だ。


よって、前走1着で勢いのある馬で
~~~~~~~~~~~~~~~
先行・差しが使える馬を中心に予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~



⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 
本命は【ダイアナヘイロー
=============

昨年のエルフィンSで2着し、
フィリーズレビューでも4着の実績。

ひょっとしたら、桜花賞でも見せ場が
あったかもしれない力を持っている馬だ。

今年は1200m戦に専念し、
500万に降りてからの本格化が著しい。

前走に引き続き強さを発揮するだろう。


対抗は【キングハート
===========

全成績[5.6.1.8]のうち
1200mは[4.4.0.3]で
前走の函館SSの2着まである。

しかも、3着を外した3回も
すべて4着にきており、

オープン3戦全連対で
6F戦での安定感は抜群だ。

56kgのハンデは有利ではないが
大きなマイナスにはなるまい。


そして【ファインニードル
=============

若干成績にムラがある点を除けば
G3レベルで家賃が高いということはない。

前走では2番目のハンデと2.5kg差となる
57.5kgを背負って堂々1番人気に応えている。

ココは55kgと裸同然に近いハンデだし
上位2頭を逆転するシーンも。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 9.ダイアナヘイロー
○13.キングハート
▲ 8.ファインニードル
△14.ツィンクルソード



波乱が多いレースだが、思い切った勝負をしたい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

最新の競馬ニュースは下記の無料アプリか

各種SNSでリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter

【LINE@】
https://line.me/R/ti/p/%40jkg9973a


こちらも併せてフォロー頂けますと幸いです。

 

 

 


テーマ:
8/21(日)に小倉11R・芝1200mにて
《北九州記念》が開催されます。





大波乱の決着もあり得るだけに、
予想が難しい真夏のスプリント重賞。


今後のスプリント界を占う上でも
非常に重要な一戦となる。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?




まずは出走馬を見ていきましょう。


===========
北九州記念の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斥量 騎手
1 1 ラインスピリット 55.0 幸 英明
2 2 ヤマニンプチガトー 51.0 村田 一誠
3 3 ローズミラクル 54.0 松山 弘平
4 4 ベルルミエール 53.0 太宰 啓介
4 5 ベルカント 56.0 M.デムーロ
5 6 メイショウライナー 54.0 D.バルジュー
5 7 マイネルエテルネル 54.0 和田 竜二
6 8 オウノミチ 54.0 川田 将雅
6 9 バクシンテイオー 54.0 藤岡 康太
7 10 フルールシチー 50.0 義 英真
7 11 プリンセスムーン 54.0 北村 友一
8 12 ジャストドゥイング 54.0 石橋 脩
8 13 ラヴァーズポイント 51.0 松若 風馬


以上、出走馬13頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ベルカント

非凡なスピードでアイビスSDを連覇。

次なるミッションは、
北九州記念連覇&09年カノヤザクラ以来
となるサマースプリントシリーズ連覇。

鞍上は前走に引き続き
コンビを組むM.デムーロ。

この秋、悲願のG1制覇へつなげる為にも
ここは負けられない。


オウノミチ

バーデンバーデンCを快勝して
今回が初の重賞挑戦となる。

同じ右回り1200mのコースでの快勝で
器用に立ち回れるその走りからも
小回りな同舞台との相性には期待できる。

今の充実ぶりなら重賞制覇も十分。




ラヴァーズポイント

前走・CBC賞で僅差の2着。

勝ち鞍は全て芝1200mで、
4勝中3勝が小倉コース。

調教を見ても前走同様
大跳びで推進力十分の走り。

ここにきて心身ともに成長しており、
勢いとコース適正を活かして好勝負を狙う。


プリンセスムーン

新潟直線1000mで連勝し、
前走のアイビスSDも僅差の3着。

もちろん注目すべき一頭だが
問題はコース適正。

1000m直線のスペシャリストと
見ることも出来るので、

未勝利戦しか勝ち星のない
小倉1200mでどう出るか注目。


ジャストドゥイング

重賞では最高順位8着だが若干4歳で
まだまだ伸びしろは大きい。

喉の手術をしてから復帰後の
2戦ともに調子が良く、

今回も得意の先行脚質で逃げ切れば
優勝も狙えるだけの能力はある。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【1-1-2-6】
2番人気【1-2-2-5】
3番人気【0-2-0-8】
4番人気【0-1-2-7】
5番人気【1-1-0-8】
6番人気【1-1-2-6】
7~9番人気【4-0-0-26】
10番人気以下【2-2-2-71】


昨年は堅い決着だったが、
人気サイドの信頼度があまり高くなく
人気薄の好走が多い波乱の重賞。

軽ハンデの穴馬が激走する傾向が高い。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-0-17】
2枠【4-1-1-13】
3枠【0-2-2-16】
4枠【1-3-1-15】
5枠【1-1-0-18】
6枠【0-0-2-18】
7枠【0-2-2-21】
8枠【3-1-2-19】


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-0-10】
先行【5-3-4-31】
差し【5-6-4-51】
追込【0-1-2-45】


前半からスピードの出やすい
コースで先行馬が有利。

馬場の内側が荒れてくると
差し馬も決まりやすいが、
極端な追い込みは厳しい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


=========
予想情報局の総括
=========


北九州記念は小倉芝1200mで行われる。


傾向としては先行・差しの好走が多く
極端な追込みは届かない事が多い。


過去10年のデータから考えたい。


4歳馬が4勝挙げており、
次いで5、6歳馬が3勝。

特に4歳馬は3着以内率47.1%と活躍が目立つ。

3歳馬、7歳馬の勝利はない。


前走OP特別・条件戦で10番人気以下、
10着以下は3着以内がなし。


斤量51㎏以下の馬の勝利は無いが
軽ハンデの馬の好走は目立つ。


3着以内馬30頭中22頭は
「52~55.5kg」の斤量から出ている。


よって、4,5,6歳馬を中心に
~~~~~~~~~~~~~
斤量が52~55.5kg以内で、
~~~~~~~~~~~~
前走の成績を踏まえて予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~




本命は【オウノミチ


前走バーデンバーデンCを勝利。

近走は確かな先行力でレースを進めており
勢いそのまま勝利するとみた。


対抗は【ベルカント


前走アイビスSDを勝利。

本命をといきたいところだが、
斤量で割引として対抗。


以上を加味した馬券戦略は

◎:オウノミチ
◯:ベルカント
▲:プリンセスムーン
△:ジャストドゥイング 
△:マイネルエテルネル 


昨年は人気サイドで決着すも、
基本的には大荒れが多いレース。

思い切った勝負もしてみたい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



その他の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


今号は以上となります。



北九州記念の予想2016ブログTOPへ戻る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス