『㈱紀州有田蒲鉾』さんの歯ごたえプリップリかまぼこ、カルシウムたっぷり!ほねくなど~【№116】 | 紀州有田商工会議所 女子ブログ

紀州有田商工会議所 女子ブログ

紀州有田商工会議所の女子職員が、女子目線で会員事業所さんを紹介します~


テーマ:

みなさん、こんにちはルンルン

 

今日も紀州有田商工会議所 女子ブログにお越し頂きありがとうございますニコニコ

 

今回は、有田市宮崎町の『㈱紀州有田蒲鉾』さんのご紹介です~ラブラブ

 

㈱紀州有田蒲鉾さんは、ここ有田市の地元で獲れた魚を使って、かまぼこほねく等製造・販売していますキラキラ

 

 

今回、工場内を見学させていただき、製造しているところを見せてもらいましたルンルン

 

~『ほねく』ができるまで~

①新鮮な太刀魚の頭と内臓を取り除き、洗浄します音符

太刀魚一匹一匹、包丁でさばいていましたびっくり

 

②洗浄した太刀魚を骨も丸ごとミンチします
 
③石臼(いしうす)で食塩、砂糖、でんぷん、その他の調味料をまぜ、粘りがでるまでよくすります

 

「サイレントカッター」という機械で摺る(する)方が、早いできあがりだそうですが、太刀魚の骨まですりつぶすために、また、食感の違いが出るので、昔ながらの「臼(うす)」を使っているそうです
 

④摺りあがった身を形をととのえ油の中に落としていきます

ムニっと生地が機械から出てくる様子が見ていて飽きませんでしたくるくる

 
「ほねく」の形になりました~ルンルン


⑤油で揚げます

約160℃→約180℃と二度揚げすることにより、より食感のよいほねくになるようにしますキラキラ

中心まで十分加熱し、こんがり揚げあがりますグッ
 

⑥冷却した「ほねく」を袋に詰めて真空パックし、殺菌し、冷却して完成~キラキラ

 
ほねくは、そのままでも美味しいですが、フライパンでさっと焼いて、生姜醤油で食べるのがオススメ~ニコニコ
他にも、おでんにいれたり、ご当地丼「有田たっちょほねく丼」に使ったり~ルンルン
パンに挟んでバーガーにもできますよ
色々なレシピを試してくださいニコニコ

無添加ほねくはプレミア和歌山推奨品キラキラです

 

蒸した蒲鉾が焼き上がる様子など工場見学させてもらいましたニコニコ

 
こんがり焼き色がついた蒲鉾、おいしそう・・・・ラブ

 
揚げたてのほねくを食べさせてもらう約束でしたが、写真を撮ったり、尾藤社長の話を聴くのに必死で、すっかり忘れてしまいましたアセアセ
 
社長、次回機会があれば、絶対揚げたてほねく食べさせてくださ~いチュー
 
でも、取材後、紀州有田鎌鉾さんの商品をたくさん(冒頭の写真音符)提供頂いたので、撮影してから、皆で美味しく頂きました~❤
社長、ありがとうございましたおねがい
 

他にも、㈱紀州有田蒲鉾さんの商品ご紹介~キラキラ

しおじ焼き

このしおじ焼き、見た目は、普通のかまぼこですが、実はちょっと違うんです~

 

ここ紀州独特の「焼きぬき製法」で造られているそうですよメモ

 

蒲鉾は、一般的には、蒸して作られることが多いそうですが、『しおじ焼き』は時間も手間もかけてゆっくり焼いているそうですキラキラ3倍以上も製造時間が違うそうですびっくり

 

歯ごたえがよく、食感がアクセントになるので、料亭の茶碗蒸しにも使われているそうですハート

お土産にも喜ばれると思います照れ

 

 はい、プリッとした歯応えで、美味しかったです~ルンルン

 

こちらは「田鶴焼き

スーパーだと、松源さんや、エバグリーンさんで販売していますグッ

紀州の伝統かまぼこで、ソフトでしなやかな独特の食感がありますルンルン

魚本来のうまみを生かしています照れ

わさび醤油や梅肉をつけて食べるのがおすすめOK

 

鱧(ハモ)つみれ」なんていうのもあります~音譜

有田市内のイベントで「ハモ団子汁」などに使われています音譜

地元の箕島漁港でとれたハモを100%使っています

みそ汁や”なべ”に入れるのがオススメですウインク

 

早速、晩御飯のおみそ汁に入れましたキラキラ

味は上品であっさりしてますが、ハモのうまみを味わえて、食感もやや弾力があってOK

 

他にも蒲鉾や天ぷら、贈答用にもセット商品をご用意してくれるそうですので、ぜひぜひご利用ください~ニコニコ

 

㈱紀州有田蒲鉾さん ホームページ 

 

星㈱紀州有田蒲鉾

住所:有田市宮崎町371

TEL:0737-83-2123

営業時間:8:00~17:00

定休日:なし

 

きしゅ~ありだ 女子ブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス