★★★はじめましての方、★★★

★★★自己紹介はこちらから★★★

 

 

 

まだ小学生だった頃、

タイトルも絵も忘れてしまったけど

祖父が営む古本屋で一冊の絵本を読んだ。

 

 



 

その物語の主人公は、ある国の王様。

 

 

 

しかし、その王様は、

政治力もダメダメ、

人を動かす力もダメダメ、

すぐに悪態をつき、

常に偉そうにふんぞり返って

いつもダラダラしているだけの

いわゆるトンデモ系の王様だった。

 


 

 

そんな王様に仕えるのは、

10人の家来たち。

 

 

 

なんとか王様の気持ちに火をつけようと

家来たちは尽力するのだが、

王様が一国の主としての自覚を

持つことはなかった。

 

 

 

そうして1人、また1人と

家来たちは王様の元を離れていくのだった。

 

 

 

それから3年後のこと。

 

 

 

結局、王様の元に残った家来は

たったの3人。

 

 

 

すると王様はこれまでにない目力と

シュッとした顔つき、

さらに野太く力強い声で、

「よし、そろそろ準備は

いいじゃろう」

と言ったのである。

 


 

 

子どもながらに、突然

全く別人になったかのような王様の姿に

あっけにとられる僕。

 

 

 

なぜってそのページに至るまでの王様は、

はっきり言ってしまうが、クソ人間。笑

 

 

 

そんな男の最もあり得ない姿が

目の前に現れたのだ。

 

 




そりゃ驚くってもんだ。

 

 

 


一体何が起こったのか、分からなかった。

 

 

 

 

さて、その真実とはこう。

 

 

 

「私は、誰が本当に

信頼できる家来なのか、

この3年間、

それを見定めておったのじゃ」

 

 

 

つまり、王様がどれだけクズでも、

国を愛し、国のために働ける家来は誰か?

それをこの3年間、

自分があえて

ダメダメなキャラを演じることで、

ふるいにかけていたというのだ!

 

 


 

こうして最後まで残った3人の家来には

王様より最上級の位が与えられ、

この物語は幕を閉じるというわけ。

 

 

 

 

最後に大どんでん返しが起きる

この物語に、子どもながらに非常に

エキサイティングしたことを覚えている。

 

 

 

まあ、大人になった今、

この物語を振り返ってみると、

どんだけブラック企業やねんとも思うが。笑

 

 



 

ただ、僕はこの物語の王様を

自分の中である「考え方」に昇華させ

今も活用している。

 

 

 

それが、

「ムカつくあの人も、

きっとこの王様のように

あえてダメダメな自分を

演じている」

というものだ。

 

 

 

ちなみにこの考え方は、

特に深く関わる必要のない

人間関係において便利である。

 

 

 

その具体的な使い方で言えば例えばこんな感じ。

 

 

 

歩行中、意味の分からないタイミングで

車のクラクションを鳴らしてくる人って

結構多くないだろうか。

 

 


 

 

背後からその爆音は襲ってくるもんだから、

いつも心臓が止まりそうになり、嫌になる。

 

 

 

だからこそ、毎回「キーー!」となるのだが、

そんな時こそ、ダメダメ王様思考の登場である。

 

 

 

「あ、きっとあれは

あえてダメダメな王様を演じて、

僕を試してるんだ。

だからあの人は悪い人じゃない。

それにこれで

イライラしてしまっては、

僕は3人の家来に残れない。

よーし落ち着けー自分」と。笑

 

 

 

もちろんフィクション極まりない。

 

 

 

しかし、

間違いなく一生会わないだろう人の

クラクションにいちいち腹を立てるのも、

なんだか自分が損した気分になるのである。

 

 

なぜなら、イライラしている間中、

時間も精神的体力を削られるからだ。

 

 

 

だったら、

思ったもん勝ちなのだ。

 

 

思ったことを真実に変えられるのがこの世界。

 

 

「どう思うか」を操り、

新しい現実を作ってしまえばいいのである。

 

 

 

だからこそ、切り替えるための

ダメダメ王様思考。

 

 

 

「この人、すごくムカつくけど、

きっとあえてなのよ。

あえてムカつく態度をとって、

それで私が怒らないか

試してるのね」

 

 


 

そんなふうに思えたら、

現実は一気に変わる。

 

 

なんだか目の前の状況が笑えてくるのだ。

 

 

「そっか〜、王様の計画なら

しょうがないかあ」

「これも修行のうちのひとつよね〜」と。笑

 

 

 

ただし、先述したように、

もちろんこのダメダメ王様思考を

家族や身近な人にまで使う必要はないし、

きっと流石に向き合うべき相手を

「ダメダメ王様」の一言では

片付けられないだろう。

 

 

 

ポイントは、あなたの人生に影響がなく、

確実にあなたを通り過ぎていくだろう相手に。

 

 

 

それこそ、街中で会ったムカつく人、

隣の部署の態度が大きい人、

遊園地で順番抜かしをしてきた人などなど、


そんな不意に出会った

「キーー!」となる相手に対し、

このダメダメ王様思考を

取り入れてみてはどうだろうか。

 

 

 

 

↓応援よろしくお願いします↓


自己啓発書ランキング

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村