親子防災って? | 岸和田Mammy’sサポーター きし♡ふぁみ

岸和田Mammy’sサポーター きし♡ふぁみ

ママたちがつくる「乳幼児連れのおでかけMAP」の講座で
集まったママたちが「自分たちのあったらいいな!」を
実現するためにただ今、奮闘中!です。


テーマ:
こんばんは。
岸和田 Mammy's サポーター きし♡ふぁみ  のIMですニコニコ

ここからKitさんのブログ下矢印でも書かれていますが、10月11日に親子防災についてのお話を、ころころはうすでお聞きしました。


お話ししてくださったのは、「ほくせつ親子防災部」を立ち上げられた辻由起子さんと、「さんだ女子防災部」の益田紗希子さん。
ありがとうございますピンクハート
(あ、益田さんが写っていないびっくりアセアセ

どうして防災に、ママ、親子、女性の目線が必要なのか。
ほくせつ親子防災部と、さんだ女子防災部のこれまでの活動をご紹介いただきながら教えていただきました。


特に、今年6月に起こった大阪府北部地震の際の写真を見ながら、実際に困ったこと、被災地で起こっていたことのお話を聞いて、『ほんまこれは、防災やらなあかんわ』と強く思いました。

集まってお話を聞いた私たちは、何といっても子どもを守らなければならないママたちです。
普段の外出ですら大荷物、いっぱい準備して、いざ出掛けたら忘れ物があったり、子どもが暴れたり…。
それなのに、何も準備せずに被災したら…ガーン

でも、
「まだ何も準備してなくても、今から始めればいい。いつかは来る災害だから」
という益田さんの言葉に勇気づけられました照れ

その日は帰ってまず、頂いた「ほくせつ親子防災ノート」を夫に読んでもらいました。
(HPで公開されていますので是非!)
そして防災用トイレやもろもろの必要性を説き、購入許可を取りました。
(勝手に買っても良いんですが、そうすると他人事になっちゃうので)

教えていただいたばかりのYahoo!防災速報アプリでの避難所の探し方を、ドヤ顔で教えてみたりも口笛
(災害の種類に応じて、避難所の表示を切り替えられるので、日頃から家族で見ておく必要があるなと思いました)

オススメの100均防災グッズも教えていただいたので、さっそく次の日に見に行ってきました!

「養生テープは手で切れるし、いろんなことに使えるから要るよ!文字を書くこともあるから白!」との辻さんの言葉を思い出し、養生テープも買い足してきました。
私が行ったお店は、白は弱粘着(床用)で、緑は中粘着と強粘着があり…わからんわーととりあえずどっちも買ってみました。
(先日、台風対策で窓ガラスに貼ってみましたが、すぐなくなっちゃうことがわかったので、少し多めに買い足しです)

あと、熊本市が作った地震の絵本のことも教えていただいたので、印刷して子どもに読んであげようと思います。
(3歳児、聞いてくれるかな?)

他にも、備蓄や避難所でのアレルギー対応のお話、障がいのある子への対応など、親子に必要な防災は、親子が声を上げて取り組んでいかないと置いてけぼりになってしまうことを知りました。
その取り組みは、一部のエネルギッシュなママ、どこかのそういうのに詳しい人だけがするんではないんです。
まずは自分のお家、自分の家族の防災を、私たち普通のママが考え、取り組む。それが親子防災の大事な一歩だと思います。

そしてその一歩も、みんなでワイワイやりたいね、という想いから10月11日のブログ(1つ前の投稿です)でもご案内した非常食ランチ会の開催が決まりましたニコニコ
右矢印10月25日(木曜)12:30〜@ころころはうす
(詳細は10月11日のブログ参照)
試食しながら色々お話ししましょう。
ぜひお越しくださいニコニコ


きし♡ふぁみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス