久喜総合体育館が『毎日興業アリーナ』に変わります | 久喜市議会議員 貴志信智(きし のぶとも)オフィシャルブログ「FROM HERE!」Powered by Ameba

久喜市議会議員 貴志信智(きし のぶとも)オフィシャルブログ「FROM HERE!」Powered by Ameba

久喜市最年少久喜市議会議員
公式HP→http://kishi-nobutomo.com/index.html


テーマ:


公共施設に、企業名をつけて、広告媒体とする事業を『ネーミングライツ事業』といいます。

Yahoo!ドームや、日産スタジアムが代表例。

久喜市はこの度、久喜総合体育館の命名権(ネーミングライツ)を毎日興業に売却。

{B5E02E87-F31B-40EB-B0D9-26CBC00FD872}

これにより久喜市は、年間180万円の収入を得ることになりました。

私は、議会で、実績ゼロが続いていたネーミングライツ事業の刷新と、募集窓口であるHPの整備(ネーミングライツのHPは議会質問をキッカケにかなり改善されました)を訴えていたので嬉しい限りです。

久喜市が持つ広告媒体は、市内事業者に非常に魅力的です。狙った層にアプローチ出来て、かつ社会的信頼性も高いからです。

ネーミングライツ以外にも、以下のように議会からガンガン提案しているのですが、こちらは未だ手付かずです。

•封筒
→今は久喜市民歌の歌詞を掲載。市民歌の歌詞を載せて、どんなメリットがあるのか質問しましたが明確な答弁はありませんでした。
広告媒体として開放するべきです。
また複数の部署で別々に封筒を作る非効率を改めるべきです。

•市役所の業務車ボディ
→今は白無地。県の屋外広告条例に引っかかる、との答弁がありましたが、工夫次第で広告媒体やPR媒体として活用出来る道はあります。

無駄遣いの根絶はもちろん、久喜市の自主財源が増えるよう議会から一層働きかけて参ります!

久喜市内外の事業者の皆様!

久喜市内の施設に御社の名前をつけてみませんか?

広告効果、認知度向上間違いなし!

値段は交渉次第ですが、総合体育館で年間180万円ですから、年間100万以下、50万以下、施設によってはそれ以下のオーダーも十分可能と思われます。
ぜひご検討ください。

【久喜市ネーミングライツのページ】

貴志信智 (きし のぶとも)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース