秋の茶博に朝一番行ってきました〜!


茶博は、お茶のトレンドを肌で感じることができる場所。
この数年で、普洱茶餅、白茶餅、柑普、小青柑、とブームになっては定着していく感のある上記のお茶に対し、今年に入ってより来ているなぁ、と感じたのが茯茶です。





初めて見たのは、滇红の工芸茶。
淹れるとお花が咲いたかのようですが、淹れっぱなすと絶対に出過ぎちゃいますよね?


陳皮は、老師の教室で老白茶に好きな量をちぎって足して淹れたり、皮だけを淹れたり(ハーブティーみたいな感じですね)していただいたことがあります。
身体にも良いし便利そうだから、ブースの場所だけチェックして、どんどん下見をしていきます。  





今回一番嬉しかったのは、景徳鎮からのおじさんのお店で、一目惚れレベルのこちらの黒い銅の茶盘や茶則類です。
プロのアンティーク屋さんのお友達の仕入れ術を胸に(関西人のくせに値切りが下手で…)、頑張ってきました!!ほくほく♡
嬉しかった時は、老板と記念撮影がマイ定番です(上げませんが)


いつも来てる竹細工のおじさん。今回は笑顔ゲット(^o^)こちらなどでも、いいお買い物ができました。


茶器から攻めたら、次は茶葉と巡っていきます!(つづきます)


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村