朝のお茶は、日本の緑茶と同じ製法の蒸青緑茶の"恩施玉露"。湖北省のお茶です。


最後の一回分。本来なら松葉のようにピンッと撚られた葉が美しいのですが砕けが多く、白毫もところどころ玉になり確かに露のようでした。


他の多くの炒青緑茶の中国緑茶よりは、渋みは確かにあるけれどしっかりした味わい。余韻を楽しんでいます。




青島は昼前から珍しく嵐です。
本当は、煎餅果子(中華クレープ)と肉挟膜(中華バーガー)で海釣り磯遊びピクニックの予定が…)また、刀削麺買ってきてお昼にしました。


油が気になる夫に、若めの生普(プーアル生茶)を。


三年物で、あっさりだけど華やかさもあり、キリッとしてるからやっぱり中華に合いますね。




おやつは、友人が中国茶に合いそうだよ、と送ってくれたpatisserie de bon coeurさんの黒ゴマのケーキ。
すごく美味しい上、これ烏龍茶でも緑茶でも紅茶でも黒茶でも何でも合いそう!!
ぺろりと食べてしまいました。




結局、合わせたのは中国茶ではなくダージリンファーストフラッシュでしたが、ごちそうさまでした!




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
AD