今回は愚息の話。 | 海外挑戦を目指すサッカー少年(KISEKI)

海外挑戦を目指すサッカー少年(KISEKI)

サッカーで夢を目指す少年の話。

カカトと足の親指の付け根の痛み。
よく疲労骨折の疑いがある場所。

全身がパンパン。
特に足と背中がヤバイ…
トレーニングの強度と愚息の身体が追いついてない。
ならば強度を減らすしかない。

今回の総会と勉強会では、軽く違うテーマを学んだ。
その中で興味深いものを発見した。

親は子供をスーパーキッズにしたがるが、強度とタイミングを間違えば子供は壊れる。
基本、日本の9歳以下のスーパーキッズは世に出ない…
特にプレーのギャップと怪我。

幼少期にできてたプレーが相手のレベルがあがればできなくなる。その時にそれに対応する術を知らない。
行き詰まる。
怪我は、消耗品である、腰と膝と足首。
ここの故障が圧倒的に多い。

自主トレ、スクール、クラブと追い込めば…
トレーニングは充実するが、休養と栄養。
こちらが大切になってくる。
これだけ追い込めば子供は全部を120%ではできない。必ず手を抜く…
目には見えてないものが多い。

スペインまで残りちょうど1ヶ月。
怪我の状態は心配だが、彼には数個、試練を与えている。それをどう乗り越えるのか?
楽しみに見守ろうと思う。