自由に扱う。 | 海外挑戦を目指すサッカー少年(KISEKI)

海外挑戦を目指すサッカー少年(KISEKI)

ただサッカー好きで努力よりは遊んで楽しんで目指す!!そのために強く生きるための日記!!

最近は昔の動画を愚息には見せている。
コーンを相手にしての技術ではなく、相手が居ての技術。

相手なしの技術。
相手ありの技術。

どちらも必要だが、ある程度自由に触れるようになったら相手ありで鍛えたほうがよりサッカー選手に近づく。

パスがあってのドリブルでドリブルがあってのパス。
これはどちらが無くなっても相手は楽になるだけ。
いつでも相手により多くの事をイメージさせる。










あと自由に触れる仲間が増えるとサッカーは更に複雑化され相手の速度は遅くなり、こちらの速度が速くなる。

これでは相手はマネキンと一緒。
観ているだけで、何もできない状態に。
相手にによわす。
おちょくる。
スレスレを通す感覚。

愚息に学んでほしいなぁ。