9月定例会議会便り「こんにちは」をようやく郵送できました。

町内は手配りします。

近い内にホームページにアップします。

11時に水産漁港課と大館市漁協が待ち合わせし魚道の調査でした。

29年前から鮭の稚魚を放流し毎年秋に鮭の遡上が見られたのに数年前から

放流現場の大橋上流まで遡上が見られなかった。

1キロ下流のJR花輪線鉄橋下にある魚道に問題が無いか共同で視察したのでした。

深夜の大雨で増水し難儀したが魚道まで行ってみました。

皆の見方は魚道に問題はない。あるとすれば魚道上流にある中州だろう。

鮭の放流を始めたころは中州はなかったのです。

ところがびっくりしたのは中州には幹が約20センチもあるだろう立木がありのです。

中州の両側に流れる流水が魚道にうまく流れ込んでいないように思いました。

だから中州を処理するための川浚えすればよいと思った。

早速河川砂防課に相談しようと思います。

 

天気予報が午後3時から雨です。ならばその前にとロードバイクに乗り長木川へ走る。

途中で議会便りの袋詰めをお願いした特定非営利活動法人「工房JOYさあくる」に支払いを済ませる。

それから午前に視察した長木川花輪線鉄橋下の橋へ行く。

水嵩も減り川面を見ていると鮭の死骸がある。

しばらくすると2匹並んで泳いでいる。

産卵を終えたのか身体は真っ白になっている。

今年は例年になく遡上が少ない。県内の河川は遡上がどこも半減しているそうです。

放流した場所は1キロ上流なので来年に期待したい。