3月11日(月)8年目の3.11 | 石田ひろしの日記 

テーマ:

朝早く神田香織さんを見送ってから朝刊チェックです。

地元の新聞に昨日の「社民党ガンバロー大会」の記事があります。

中途半端な時間帯の集まりなのに多数足を運んでいただいてありがとうございました。

 

市役所に立候補の準備で必要な住民票と戸籍謄本をもらいに行きました。

市民ホール前の水槽の鮭の赤ちゃんは元気に水槽一杯に泳ぎまわっておりました。

市役所を訪れる市民に愛されているのかな。市民の皆様4月7日の放流式までよろしくお願いします。

 

市職労会館に寄り「チヤコちゃん」に挨拶します。

今日は8年目の3.11です。

当時は秋田県議会2月定例会最終日でした。

あと5分で閉会を迎えようとしていた本会議場が停電で真っ暗になったのでした。

しばらく全員控室で待機していたが停電が長引くようなので本会議を再開し知事が懐中電灯で最後の挨拶を行い閉会したのでした。

気がついたら当局席にいつもいる部長たちが揃わず知事一人だけでした。

それから何が起こっているのかわからなかったが妻が秋田市内の病院に入院していたので向かったのです。

車のテレビは映っていたので津波が船を街中へ運ぶのを見てこれは本当に現実か?大変なことになっているとようやく思ったものです。

そして時間が経つうちに被害の大きさを知ることになり唖然としたのでした。

妻の病院も停電はしていたが緊急用の自家発電があり患者は落ち着いていました。

当時、妻は末期がんでしたが元気で笑顔で迎えてくれて「すごかったね。怖かったよ」といっていた。

丁度1年後に妻は旅立ったが自分も忘れられない3.11となったのでした。

 

丁度、2時46分に市職労会館にも館内放送が流れ黙とうを呼びかけていたので一緒に「黙とう」を行いました。

 

そこへ偶然にも地元の新聞社の記者さんが現れアンケートの取材でした。

他紙は終えていたので同じ内容にしたかったから少し時間をいただきました。

明日は第3回林業大学校卒業式なので夜に愛車を2時間運転し宿舎に入りました。

宿舎で新聞社のアンケートに向かっています。

kanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ