3月10日(日)社民党ガンバロー大会 | 石田ひろしの日記 

テーマ:

今日も快晴でした。

愛車を2時間運転し大館に帰ります。

後援会事務所も闘い気分が盛り上がります。

自宅の玄関を入ると鮭の赤ちゃんが水槽の上部まで泳いでいることから初めて餌をあげることにしました。

しばらくすると喰いついてくれました。あっという間に食べきりました。頼もしいね。

 

午後は、中央公民館で開催されている「3.11福島を忘れない 大館集会」に出席しました。

最初に大館ジョイフルシンガーズの皆さんによるコンサートでした。いつ聴いても心が打たれます。ありがとう。

途中退席し大館労働福祉会館に向かいました。

 

4時から恒例の「社民党ガンバロー大会」でした。

最初に主催者として自分が挨拶「国政選挙や統一地方選前に総決起集会を開催するが30年前からガンバロー大会と銘打っています。それは堅苦しくなく集会を楽しみながら心を一つにし必勝を誓うのです。今日は講談をゆっくり楽しんでください」と述べました。

早速、神田香織さんが登壇し35分ほど熱のこもった話芸を繰り広げ会場からワッハハハと笑い声と拍手が起こるのでした。

続いて候補予定者の決意表明です。

市議2期目に挑戦の岩本ゆうじ市議、市議8期目に挑戦の相馬えみ子市議、県議7期目の自分、参院選挙秋田選挙区の寺田静候補予定者が演壇に上がり決意を述べました。

寺田静さんのお話を聴くのは初めての方ばかりです。

彼女の生い立ちから出馬の決意するまでの心の葛藤のお話に涙を流し頷く方が多く見られました。

会場から「頑張れ!」の掛け声が出るのでした。

 

4人を揃えて神田香織さんから激励の言葉がありました。「石田さん、相馬さん、岩本さん、寺田さん、みんな弱い方に寄り添う素晴らしい候補です。静香さんのお話を聞いていて涙が出てきました。皆さん!全員の勝利を勝ち取り日本の政治を秋田から変えてください」と述べていただきました。

自分からは為書きを寺田静さんに渡しました。

最後に女性後援会の田中京子さんが団結ガンバローを三唱し幕を閉じたのでした。

笑いと涙が溢れた今までにない忘れられない集まりになりました。

135名の参加者に心からお礼申し上げます。

kanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ