1月11日(金)アジア・アフリカ支援米発送式 | 石田ひろしの日記 

テーマ:

 

我が家の玄関の室温が何と5度です!

鮭の赤ちゃんが産まれる予定日が大幅に延びそうです。

鮭の赤ちゃんは受精後の積温が480度になると産まれるのです。

毎日午前10時頃に検温し積算すると予定日がわかります。

発眼卵が我が家に来た12月27日の積温は348度でした。

だから室温が8度なら480度になるのは13日かなと思っていた。

ところが室温が5度なら予定日は1月22日頃になる。

待ち遠しいね。早くお会いしたいです。

 

今日の天気は快晴と言ってもいい。

いつもイベント時の天気が悪く「雨男」と呼ばれているから今日はうれしいです。

正午に大館市役所前に駆け付けるとすでに大館カトリック幼稚園児、大館国際情報学院高校生、会員など50人ほど集まっている。

快晴なので参加者の笑顔が見られます。

12時15分、岩本市議の司会で「アジア・アフリカ支援米発送式」が始まる。

最初に「食・みどり・水を守る大館労農市民会議」議長として自分が挨拶します。

「昨年5月にみんなで田植えし、10月にみんなで稲刈りし収穫した1110キロの支援米をマリ共和国に送ります。

飢餓人口が8億人を割ったと思ったが一昨年から紛争や旱魃のため増えはじめ9人に一人がお腹を空かしている。

飢餓人口をなくすまで運動を続けていきましょう」と述べました。

来賓の名村市長から挨拶をいただいた後で参加者全員が力を合わせトラックに積み込みました。

園児は可愛い手を振ってトラックを見送りました。

支援米は「マザーランド・アカデミー・インターナショナル」を通じてマリ共和国へ届けられます。

 

夜は県職労大館支部旗開きに出席、午後8時過ぎに愛車を2時間運転し秋田市に向かいました。

10時30分、宿舎でブログを書いています。 

 

kanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス