ほぼ風俗店!? 上海に「ビキニ焼肉店」が出現、“肉食系男子”が長蛇の列 | 如月隼人のブログ
2017-12-07 10:21:53

ほぼ風俗店!? 上海に「ビキニ焼肉店」が出現、“肉食系男子”が長蛇の列

テーマ:社会
中国メディアの新浪網などは6日、上海市内に半月ほど前に女性従業員がビキニの水着姿で接客する焼肉飲食店が出現したと報じた。店の前に長蛇の列ができるほどの人気という。
 
 
店内のテーブル数は31卓。それ以外に個室3室がある。ビキニ姿の従業員は、いずれも長身で足が長い。写真撮影は自由だ。客席からは時おり歓声が湧く。営業時間は午後3時から翌日午前2時までだ。「ビキニ姿の接客」が始まるのは午後7時。6時半ごろまでに店の前には長蛇の列が出現し、混乱防止のための整理が必要なほどという。
 
記事で紹介された写真を見る限り客はすべて男性だ。やはり“肉食系男子”を狙った商法であるようだ。
 
女性従業員は注文を受たりするだけでなく、客のテーブルのコンロで肉を焼く作業を手伝ったりもする。いずれも立ったままだ。記事は、体を前にかがめるので「自慢のナイスバディーがあらわに」と紹介。座っている客にとって女性の「お胸」が強調されるアングルだ。
 
ビキニ姿を披露する女性従業員はどう思っているのだろう。尋ねてみると「お金儲けをするなら、過激にやらなきゃ」「競争が厳しいですから。向いの焼き肉店を見てください」と答えた。道の向こうにある焼き肉店は「通常」の営業方式だ。こちらの店が大盛況であるのに対して、客のいないテーブルも目立つ。この店の「ビキニ接客」を始めたのは約半月前。経営者のアイデアだった。効果覿面(てきめん)で、店はほぼ毎日「爆満」の状態になった。
 
従業員の入れ替わりは激しいという。従業員女性に「以前から接客の仕事をしていたのですか」と聞くと、「違います」と答えた。ただ、どんな仕事をしてきたかは、互いにはだれも知らない」という。
 
同店はインターネットでも知られるようになったが、評判はよくないようだ。「ゴミの店」「性で経営を動かしている。こんな商売は恥」「焼肉を売っているのではなく、肉を売っている」などの書き込みが並んだ。記事は「堕落か、それともイノベーションか?」とも表現した。(編集担当:如月隼人)


【関連】

「わいせつ実況」の動画サイトを取り締まり=過去最大規模、女性200人以上が「色情出演」―湖南省

違法ソフトでWebカメラに侵入、1000世帯を盗撮してわいせつ動画として流出させる=中国

如月隼人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス