日本トリムが中国で「日本式病院」事業、新たに資金10.5億円を調達 | 如月隼人のブログ
2017-02-27 23:52:54

日本トリムが中国で「日本式病院」事業、新たに資金10.5億円を調達

テーマ:ブログ

日本トリムは27日、中国における「日本式病院」運営プロジェクト推進のために香港に設立した特別目的会社漢琨国際控股(ハン・クン国際ホールディングス)が新たに940万ドル(約10.5億円)の資金調達を受ける契約を結んだと発表した。


日本トリムは2016年4月、中国で糖尿病など慢性期疾患治療を行う「日本式病院」の展開計画を発表していた。まず北京市海淀区が保有する物件を賃貸し2017年初旬をめどに病院を開業、5-7年ないに中国国内で10病院、売上高で500億円希望に事業を拡大するとした。


そのため、香港に特別目的会社のハン・クン国際ホールディングスを設立。資本金は300万ドルで日本トリムが40%を出資した。


新たに940万ドルの資金調達をした目的は設備投資資金で、調達先は日本の大手商社などという。日本トリムはは中国でなく、「日本式病院」でアジア各国への事業展開を念頭に置いている。(編集担当:如月隼人)

-----------------------
◆解説◆
訪日する中国人客、特に裕福層の間では日本の医療機関で検診を受ける人も多い。背景には日本の医療技術に対する信頼だけでなく、「仕事における誠実さ」、「来院者の気持ちを考えた対応」が高く評価されていることがある。


中国のインターネットでは、日本の病院内の写真が紹介され、受け付けや待合室、廊下、病室、トイレまでが来院者や入院者の気持ちを徹底的に考えた構造やデザインになっていると評価されることもある。


日本トリムが「日本式病院で中国へ進出」と着想した背景には、中国における日本の医療に対する人気があると考えてよい。(編集担当:如月隼人)


【関連】
・<・NECが香港の郵便物仕分けに新システムを導入、背景に「漢字による宛名書き」の増加
餃子の王将、台湾出店第1号店は高雄・・・理由「親日度がより高い」

如月隼人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス