お薬の整理(神経内科) | カレイドスコープ(自閉系・如月の頭の中)
新型コロナウイルスに関する情報について

カレイドスコープ(自閉系・如月の頭の中)

カレイドスコープとは、万華鏡のことです。
高機能広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)と診断された如月の、万華鏡のような頭の中の世界を書き連ねていきます。
ADHD合併、うつ持ち。不随意運動あり。
自宅療養しながら、アールブリュットのアーティストとして活動開始。

今日は、神経内科の定期通院日でした。

朝、病院まで車で送ってもらうときに、家の近所でパトカーがライトを回して止まっていました。

何事かと思ったら、おまわりさんが近づいてきて、「道路が陥没しています。気を付けて、右側の方を通ってください」と。

見ると、道路には長径50センチはあろうかという穴が。

 

えぇー( ゚Д゚)

昨日は何ともなかったよね!?

昨日、朝から晩にかけて、その道を5回も通ったんですけど…。

夜中に落ちたんでしょうか。

とりあえず、何も被害はなかったようで、良かった。

家に帰ったときにはすでに補修工事が始まっていました。

 

我が家の前の道路も、突然穴が開いたことがあったのですが、普段は何もないのに突然陥没するので、怖いです。

ちょうど駐車場の前で、何度も車が乗る場所だから危なかった(;^_^A

 

病院に着くと、新しいアプリが開発されたというお知らせが張ってありました。

診察待ちの順番が、手持ちのスマホで確認できるアプリです。

とても便利!

これがあれば、自分の順番が近づいてくるまで、カフェで待つこともできるじゃないですか(∩´∀`)∩

ただ、まだ使える病院がほとんどないみたいで、試験導入みたいな感じでした。

もっと広まればいいのにー。

特に大きいな病院には必要だぞ。

 

 

診察では、最近手に力が入りにくいことを伝えました。

体がこわばるのとは逆の症状なので、副作用かなとのこと。

「体が固まるのと、ピク付きと、どっちが辛い?」と聞かれたので、「ピク付きの方が困る」と答えました。

 

脱力の副作用を減らし、ミオクローヌス(筋肉のピク付き)を抑えるために薬を調整しました。

こわばりを取るミオナールをなくし、ピク付きを抑えるリボトリールのお昼の分を増量。

というわけで、処方は

 

・リボトリール 0.5ミリ1錠 夕

 リボトリール細粒 0.3ミリ 昼

・ダントリウム 朝・昼・夕

・リンラキサー 朝・昼・夕

 

となりました。

ただ、時期によってはこわばりが強く出ることがあるので、その時はリンラキサーを追加で1錠飲むことに。

これで、落ち着いてくればいいな…。

 

2年半かかって、まだお薬の調整中です。

長い付き合いになるとは言われているけど、なかなか状況は改善しませんねぇ(;^_^A

病名もわからないままだし。

 

脳みそと神経って、ホントにややこしいんだなぁ。

人間って、複雑にできてるわ…(笑)