気が合う人しか仲間じゃない村八分や囲い込みコミュニティーについて | 天然素材・中尾亜由美『リネン手作り大人服』自立サポートスピリチュアルコンサルタント

天然素材・中尾亜由美『リネン手作り大人服』自立サポートスピリチュアルコンサルタント

天然素材を使った大人服を作っている『衣更月キサラギ』
自立をサポートコンサルタント。ヒーラー。
著書『売れるハンドメイド作家の教科書』『無理せず楽に楽しく好きな仕事で自立する方法』




中尾亜由美です。  


まぁ、女子にはありがちな、
仲良しグループを作って、
嫌いな人は入れないよ。


ハミってやつです。


更には、悪口言っちゃうよ。
で、私たちは正義と安心する。


そのようなことをしていると、
自己成長はしないんだな。



色んな人がいて、ごちゃ混ぜで
合わない人もいて合う人もいて。
それが、当たり前なんじゃないかな。




昨日も同じような記事を書きましたが、
こちらのヒデさんの記事もご紹介させてください。


良い意味で人が人に影響を与えていく効果は素晴らしいですよね。

例えば、僕が〇〇さん間違いないよ!と紹介して〇〇さんにポイントが入ったりその〇〇さんからしたら僕にポイントが入ったり、、


ありがとうの連鎖がとても気持ちが良いです。

ところがそのブロックチェーンが悪い方に働くことが多かったりします。

〇〇さんとは付き合わない方がいいよ。
〇〇さんと繋がりがあるから距離を置こう、、


こんな様子です。

はっきり申し上げまして、こんな事をやりあってるとコミュニティなんて絶対に広がらない!

残念ながら人間は絶対的に揉めるのでそこをハンドリングしないといけないってわけです。


村八分システムによる遮断と囲い込みより



人の紹介や、紹介でものを買ったりすることが、
流されてる、自分の意見がない。
のとは、違うと思うんだな。


ほんと、嬉しい連鎖なんですよね。



そこで、自分チーム以外はダメーとか(笑)
コミュニティーは、そこしかダメとか。


異コミュニティーの共存が出来ないと、
ほんと、繋がりも人間性も
磨かれていかない。


居心地がいい。だけでは、
人は成長しない。




自分の居場所だ。とか…


居場所は、どこにでもあるんだよ。
自分で作ろうとしないだけ。


楽な場所が居場所だ。
なんて定義でいたら、
どこにも馴染めず、しんどくなるよ。


色んな人がいるから。
常に自分を持っていたらいいだけ。


誰かといるから楽だとか、
癒されるだとか外に求めるのではなく。


心の平穏は自分で作ると、
どこにいても大丈夫なんだよ。



入ったら囲う。
嫌いなコミュニティーにいる人は
村八分にする。悪口吹き込む。
あるみたいですね。


いや、コミュニティは競争じゃないし。
中でのライバル視もいらない。


みんな共存できたらいいね。


自分の心さえハッキリしていれば、
人生に迷わないわけだよ。



※中尾のオンラインサロン



亜由美ラジオ



無料メルマガ







・今日のメッセージをお届け
ご登録はこちらから



・起業女子に向けた無料セミナーなど配っていきます。
友だち追加