出版ブームの今「本は どんな人もつなげる鍵なんだよね」 | 天然素材・中尾亜由美リネン手作り大人服「衣更月 きさらぎ」:S~3L

天然素材・中尾亜由美リネン手作り大人服「衣更月 きさらぎ」:S~3L

富田林のアトリエで、天然素材を使った大人服を作っています、服作家『衣更月キサラギ』です。
ハンドメイド服を販売しています。(S ~3L )
2月に『売れるハンドメイド作家の教科書』出版5刷り目



中尾亜由美です。


私が、中川さんを知ったのは、
西野亮廣さんの講演会です。


『このおじさん、誰?』
と、めちゃくちゃ失礼な感じに思っていました(笑)


大阪の若者が集まる町の
大きな書店のオーナーさんだったと、
後々知るのです。


本屋さん、しかもちょーオシャレな店内。


恐る恐る私の本のことを訪ねてみた。


『1冊目の本は、予約してうちに置いてるでー。
えらい、売れたんやな〜自分すごいやん!今、本売れへんねんで〜。』



と言ってもらった時の嬉しさったら!!


で、2冊目も仕入れてくださいました。


嬉しすぎる!!!


ちなみにこちらです。
あ、でも中川さんのスタンダードブックストアで買ってください!



そんなこんなで、
大変お世話になっている
優しい中川さん。


しかも、住まいもお近くなんです。

みんなに優しくて
みんながハッピーならええやん♪って
おっしゃる方の応援ってしたくなりませんか?


このイベントが立ち上がった経緯です。


…彼が言った。
「本は どんな人もつなげる鍵なんだよね」
「本屋は みんなが集まれる場所なんだよね」


とある本屋の店長が仕掛ける

未来の本屋への扉。
本を開いた時のわくわくは、
まさに新しい世界への入り口であり
今回、それが現実の扉となる。
ここからみんなで開けていく。
今まさに その物語の追い風は吹き始めた。

ここから始まる、未来の本屋の物語。


**<この企画のきっかけ>**

ある日、彼は自分の本屋の本を販売するために
とある講演会場にいた。


その会場とたくさんの来場者を見て
彼が小さく呟いた。

「いつか自分もこんな場所で、本屋の可能性を伝えたいな」

彼のその一言には
子どもが夢を語るような温度があり
未来を見据える輝きがあった。

「やりましょう 中川さん!」

そこからこの物語は始まった。
彼のこの夢を形にするには、仲間が必要だった。

絵本の世界に飛び込むのが好きだった少女は大人になり、彼の中にある“未来の本屋”をファンタジーからリアルにしたいと動き始めた。


運命的な出会いで彼とつながった縁の持ち主は、本屋の垣根を超えた“未来の本屋”の考えに胸踊らせ、共に夢を形にしたいと思った。

知識を授けてくれる本と出会える本屋は、社会的にも大きな役割を担っていると思う男は、本屋の未来が明るいならぼくらの未来も明るいと感じていた。


「本屋ですが、ベストセラーはおいてません。」と掲げる本屋と、とらわれるもののない少年のような心を持つ彼自身に

本屋の未来を託したくなった子も仲間になった。


そして、子供のころから、本屋を通していろんな人やものに出会い、つながることで変わってきた男は、愚直に考えて行動しながらこれからの本屋をもっと良くしていこうとする彼を応援したいと思った。

こうして数日後、彼を応援するためのチームが結成された。これまで本屋という業界とは何のゆかりもなかった、まったくの手弁当なメンバーによって。

****

わたしたちの思いと共に、
未来の本屋を伝えるためのイベントを開催しようと伝えに行くと
彼は驚き、戸惑いさえ覚えていた。

しかし、時が経つにつれ、彼の周りには
私たち以外にも彼を応援している人がたくさん居て、
みんなが彼の魅力のひかれ、より多くの人に彼を知ってほしいと思っていることがわかった。

何より面白かったのが、みんなの想いに答えるかのように
これからの本屋に対する彼の想いがあふれてきた時だった。

時は熟し、賽は投げられた。


本屋さんって、潰れていってるんです。

それは、本屋としての宣伝の怠りや、
個性を出そうとしない店主に原因があると思います。


本をただ売ってるだけちゃいますよ。
本屋さんは、店主のチョイスで出来上がっています。
何を選んで置いているか。


そして、店主の人柄。

これが1番です。


中川さんは、著者を大事にしてらっしゃいます。
新刊が出たら、トークライブを企画したり、
本屋で著者とファンを出会わせるんです。


そんな本屋は、大手くらい。
個人店ではない試みですよね。


人を集めたり、人と集うことが大好き。
人とのつながりを大切にされる。


中川さんのスタンダードブックストアが、
みんなの待ち合わせ場所(プラットホーム)になっているんです。



みんなが楽しかったらいい。
そんな方の手伝いをしないわけがない。


今回、中川さんの講演会に辺り、
みんなで応援クラファンします。



私は、こちら。
この価格で、サンキャッチャーが作れて、
「講演会チケット」&本付きです。

※チケットは全てお土産本1冊つき *価格:3,500円 「本屋はなんや祭」の講演会入場チケットです。

スタンダードブックストア中川さんの未来の本屋像を語る祭を開催したい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)


サンキャッチャーが作れて、
講演会が聞けて、
中川さんチョイスの本が付いて来るなんて〜。


お早めにお申し込み下さいね。

私が、サンキャッチャーワークショップをすることは
もうないです。



【スタンダードブックストア中川和彦の本屋はなんや祭】

日時
9/15(土)14:00〜20:00頃


場所
クレオ大阪南 (大阪市平野区喜連西6-2-33/喜連瓜駅から徒歩5分)
会場への地図 クレオ大阪南


イベント内容
「未来の本屋」をテーマとしたトークやワークショップ、ライブ講義などの

さまざまな企画を建築家やイラストレーター、デザイナー、編集者など
本屋を取り巻くあれこれの職種の人たちと創り上げる「本屋祭」です。
皆さまのご支援 お待ちしております。

スタンダードブックストア中川和彦の本屋はなんや祭(Facebookページ)


みんな来てや〜♪


天然素材*中尾亜由美リネン手作り大人服『衣更月きさらぎ』さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります